AM3時に起きる習慣は健康にいいのか?

 

アラームが鳴ってないのに目が覚めた。

起きた瞬間に寝坊したなー、と思った。

 

なんとなくテンションが下がって

布団の中でダラダラしていたら

アラームが鳴った。

 

時間を確認すると3時。

寝坊じゃなく、寝ボケてただけ。

 

最近は2時〜3時にアラームをかけているんだけど

アラームがなる前に起きることが多い。

 

今朝は見なかったけど

時計を見るとだいたい2、3分前。

 

今までは4時とか4時半くらいに目覚ましをセットしていたけど

3時くらいの方がアラームが鳴る前に起きることができる。

 

つまり目覚めがいい。

 

体感としては2時から3時の間に起きるのが僕には合ってそう。

まだ深夜と言える時間だね(笑)

 

別に早起きするを勧めているわけじゃなくて

僕にはこのリズムが合っているというだけ。

 

前は睡眠時間が7時間くらいだったのが

最近は5、6時間で十分だなと。

 

深夜のアルバイトをしていた時

いつか夜ゆっくり眠れる生活がしたいと思っていた。

 

でも、その生活を3、4年して

短くてもいいかなと思ってきた。

 

あの頃とは違って好きなことしかやってないからストレスも溜まらないしね。

 

溜まらないということは

その分精神的な疲れもないということ。

 

肉体的な疲れと脳の疲れを回復させるなら

5、6時間が自分には合っているという感じ。

 

 

昼に眠くなるかというと

以外と大丈夫な日が多い。

 

特に行動することが明確な日は

昼ご飯を食べた後もそんなに眠くならない。

 

作業中に眠くなると

目覚ましを5分後に設定して

目を休める程度で作業の効率がアップする。

 

体内リズムは人それぞれだけど

僕の場合は夜9時か10時に寝て3時くらいに起きるのがベスト。

 

これ、今まで意識しなかったけど

自分に合うものを見つけることは

大切なことかもしれない。

 

食べ物とかテレビで体にいいと言われると

すぐにスーパーから消えてしまうけど

漠然と誰にいいと思っていると

自分に合ってないなんてこともある。

 

 

情報を真に受けていたら

自分に合うものは見つからない。

 

どれだけ栄養が万能な食べ物でも

人によって合う合わないがあるからね。

 

栄養素が豊富で体にいいと言われているもでも

体内への吸収率が悪くて

エネルギーだけ消費して疲れやすい体になる可能性だってあるしね。

 

そういう情報をきっかけに

自分に合うか試してみるのはいい

 

でも、多くの人はテレビでいいと言ってたから食べる、みたいな

レジャー感覚になってるんじゃないかな。

 

それだといつまでたっても

自分のパフォーマンスを最大限引き出すような

体を作ることはできない。

 

世の中でいいと言われているものでも

体との相性によって

良薬になったり毒になったりするんじゃないかな。

 

自分に合うものを探すという発想は

覚えておきたいね。

 

ーかすやゆうぞう

 

PS:

ちなみに、これはビジネスでも同じ。

他の上手くいった事例があったとしても

自分が上手くいくかどうかは別。

 

やってみて自分に合わなければ違う方法を試した方がいい。

方法はその人の価値観で変わるはずだからね。

そんな視点を持っていたいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です