いい車に乗りたい、素直な気持ちです。

車のバンパーを変えるために板金屋さんに出していた車が帰ってきました。修理に出して16日かかって帰って来ました。その間は、車屋さんから借りていた代車に乗っていたのですが、その車を見てもテンションが上がりません。なので、ここ2週間は休みの日も出かける回数が少なかったんじゃないかな。(代車でテンションが上がるとかはあまり聞いたことがありませんが・・・)

で、なぜテンションが上がらないのかというと代車だけあって見た目がチープ(ただ代車代はめちゃくちゃ安くてよかったですけどね)。もともと軽自動車に10年くらい乗っていたのであまり車にはこだわりはないと思っていたのですが、やっぱり好きな車がいい、ということが分かりました。

好きな車だと自宅の駐車場に置いてあるだけでセルフイメージが上がります。休みの日には車に乗ってどこかに出かけたくなります。ショッピングセンターの駐車場に駐車して車から降りるとき、買い物が終わって車に乗り込むとき、運転しているとき、いつも気分がいいんですね。

今まで気づかなかった価値観に気づけたのでよかったです。僕の価値観として見た目は大事だなと。

ここにお金を投資するのは、見栄だけなので無駄に思われがちですが、ここがモチベーションになっている人も多いんじゃないかなと思います。だから、服や車などの見た目は重要なんですね。だから、ある意味これで基準が上がるならここへの投資も自分には必要だなと感じました。

セルフイメージが上がるだけで行動が積極的になりますし、アイデアも違ってきますからね。おしゃれだなとか、かっこいいとみられたい気持ちになることが自分を支えている気がします。

そういえば、今思い出したのですが、今の車に乗ることを目標にしていました。10年前に手帳の表紙にカタログから切り取った4駆の車の写真と高額な治療器の写真を貼り付けていたのです、それが手に入ったのことに気づきました。

当時読んだ本に、

手に入れたいものは、いつも目につくところに置いておく。これだけで実現する。

と書いてあったので、ホントかなと思っていたのですが、実現していましたね。よくよく考えるとこれすごいですね。当時は本当にこれで手に入れられるのかなと思ってやってみたのですが、本当でしたね。

求めるものは必ず手に入る。これを最近実感しています。

思考は現実化する、これホントです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です