常識を超える能力、、、が欲しい。

こんにちは。粕谷雄三です。

今日は午前中、昨日の折り込みチラシを見た新規の方が来院。7年ぐらい腰痛を持っているが、今まで接骨院や整体院には行ったことがなく初めて整体に来たとのこと。

正直、どこも行ったことがない人はリピートしません。まあ、完全に思い込みですけどね。

 

なぜか。それは基準がないからです。

 

施術で変化が出ても、それがすごいことなのかが分からない。変化が出てもこれが当たり前だよね、、、逆にこれだけしか変化が出ないのかと思う方も多いです。

なので、初回のカウンセリングでは、どんな問題を抱えているのか、整体を受けると1回で治ると思っているのか、通ってまで治したいと思うか、予算はどれくらいを考えているのか、などできるだけ聞いています。

今回の方も変化は感じているようでしたが、施術をしても反応が薄い。可動域が上がっても、だから何?みたいな反応。そんな反応をされるたびに僕のテンションは下がっていきます。つまり、やりがいがない。まあ、これはエゴの部分なので、感情が浮き沈みするのは、成長が必要だということですね。

でも、これってプロ意識がある人なら、多くの人がそう思うんじゃないかと。

超一流シェフでも、普段ファーストフードやファミレスに価値を感じる人を相手に作る時と、食べ歩いて味や雰囲気を知っている人ではきっとやりがいが違うと思います。

昔の僕もそうでしたが「質よりも量」コスパが全て、、みたいな感じだったので、イタリア料理やフランス料理に何千円、何万円も払うなんて気が知れないと思っていました。実際、友達の結婚式で食べた料理が、量が少ないと思って物足りないく感じていましたしね。

 

だから質の高いサービスを提供しても受け取る側の意識次第でサービスの内容に満蔵できるのかが決まります。誰に、何を、提供するのかによって結果が変わってくるということです。

 

それによって仕事んやりがいも変わりますし、お客さんを含めた仕事の環境がとても大事ですね。まあ、技術が足りないとか、価値の伝え方が上手くないと言われればそれまでですが、、、

 

これは両方とも勉強中なので、これからかなと。

価値だけでも上手く伝えられると同じ技術でも相手の満足度は違ってきますから、どちらにしても技術を高めることが解決の鍵を握りますね。整体技術と価値を伝えるプレゼン能力が神業レベルになればいいのだと思いますが、これからの楽しみですね。

ーかすやゆうぞう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です