治療家がフォーカスすべきもの

治療院にきた新規の人で次回予約を取る人と取らない人がいる。

施術効果は関係ない。そビフォーアフターで変化がなくても次回の予約をとって通ってくれる人はいる。逆にビフォーアフターが明らかに出ているのに次回予約を取らない人もいる。

興味本位だけの人は、変化が出ても通わない傾向にある。なぜなら、そこに時間とお金を使う価値観がないから。

逆にゴールがハッキリしている人は変化がなくても通ってくれる。

どんなに頑張っても通わない人は通わないということ。

クライアントさんの目的で共通して言えるのは明るい気持ちになりたい、ということ。その目的を叶えるために必要とされるのが治療家。

クライアントさんの目的に集中して施術ができるか、が治療家として試されるところ。

もちろん、経営も大事だから経営を安定化させたり、売上アップのためにリピートしてもらうことは大事。だが、肝心の治療家としても役目が果たせてないのにリピートばかりを意識してそこに気をとられるのは治療家として失格だ。

一流の治療家は、このバランス感覚が優れている。マーケティングを知らないのに自然にマーケティングができている。

なぜそれができるのか?

それは中心にクライアントさんのゴールがあるから。ここがブレない。

その軸があるからこそ、クライアントさんに信頼される。その結果、リピートしてくれ、友達を紹介してくれる。フォーカスすべきは、クライアントさんのゴールということだね。

ーかすやゆうぞう

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です