からだの声を聴く

昨日は、一昨日の夜に遅くまで飲んでいたいので、その影響で体調が1日優れなかった。レッスン中に施術を受けても体の反応が良くない。体が軽くなるどころが逆に重くなる。施術が上手くいってないというよりも体が上手く反応できないと感じた。お酒の影響なのか、睡眠不足の影響なのか体が重くなって頭のふわふわする感じがしばらく続いた。

ここ1年、お酒を飲んだ後の体調がよくない。なので習慣だった晩酌をやめた。飲むときは付き合いや、妻が一緒に飲もうと誘ってくれた時だけに減らしたが、それでも飲むとだるさが残ったり、夜寝ていて動悸がでたりする。

これは、お酒とサヨナラする時期なのかもしれない。マスタープランでもリゾート地でお酒を飲むということを書くくらいお酒は好きなのだが、その価値観が体の変化で変わることになりそうだ。

体や気持ちが嬉しくないことを続けてもいいことないからね。飲んでも幸せを感じなくなり、逆に飲んだ次の日に生産性が下がって後悔するときの方が多いんだよね。

こんな気持ちになるなら、やめた方がよっぽどいいかなと。お酒を飲む楽しさよりも毎日の日課だったり自己研鑽をしていた方が充実感がある。それこそ、今日が人生最後の日だったらお酒を飲んで過ごすことははないからね。治療をしたり、家族と話したり、情報を発信したりすることを優先すると思う。

そう考えると、お酒を飲む必要もないね。気分が良くないことを続けることほどマイナスのことはないからね。多分、お酒を飲むことは僕にとって安心領域の中。お酒をやめることは安心領域の外なんだよね。だとしたら、安心領域の外に出るのみ。選択は1つしかないね。

ーかすやゆうぞう

PS:
写真は、昨日行った生徒さんの自宅から徒歩1分の海。この時期の海もいいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です