13年前に想像していた姿

23歳の時の自宅で整体院を開業。

 

開業すれば1日5人くらいは

毎日予約が入るだろうと思っていましたが

実際は1日1人入るか入らないかの状態。

 

毎日暇すぎて何をやっていいか分からず

整体院の隣にあった居間で

朝からメジャーリーグをボーッと見ていました。

 

他には妄想とかしてましたね(笑)

 

妄想と言っても

今使う言葉だとビジュアライズです。

 

理想とするライフスタイルそ

無意識にイメージしていたのです。

 

で、さっき気づいたのですが

13年前にイメージしていた姿がココにありました。

 

具体的にどんな姿をイメージしていたか、というと

空いた時間に体のことを勉強して楽しんでいる自分。

 

学ぶというか追及していると言った方がいいかな。

 

当時は本でしか学ぶことができなかったので

医学書を買って読んでいましたが

(医学書は値段が高かったのであまり買えませんでした・・・)

5分も本を見ていると睡魔に襲われ

睡眠薬の代わりになっていました(笑)

 

もっと体の知識をつけたいと思っているのに

脳が拒否して受け付けませんでした。

 

なので、習慣にもできず

結局は知識をつけることができませんでした。

 

あれから、13年。

 

インターネットが普及したおかげで

今では本ではなく動画で知識をつけることができます。

 

本とは比べものにならないくらいの情報量。

それも日本でトップレベルの講師が

教えてくれるので

生きた知識が手に入ります。

 

それに費用もかかりません。

 

そのおかげで楽しくというか

興奮しながら学ぶことができています。

 

本だと今でも睡魔に襲われるのですが

動画だと分かりやすくて知識が繋がっていくので

楽しく学ぶことができています。

 

今までの現場での経験とのつながりがあって

より現実とリンクして知識が入っていきます。

 

 

本当ありがたい時代になりましたね。

 

 

どこで聞いたか忘れましたが

脳が最も働くのは興味を持った時みたいです。

 

興味のあることを知るのは楽しいので

確かにそうかもなと。

 

動画を見て楽しいと感じているということは

この機会に知識が吸収できるということ。

 

今というか、ずっと僕が欲しているのは知識とスキル。

それを手軽に自宅て学べるなんて

今やらずにいつやるんだという感じ。

 

専門学校に行ってまで

知識やスキルをつける気がないので

(資格に全く興味がないので)

動画で同じようなレベルの講義を受けられるのは

本当ありがたいことだと思います。

 

こういう体験をすると

これから専門学校や大学は

あまり意味がなくなってくるかもしれません。

 

知識だけなら家で学べば十分つけることができますから。

 

さて、そろそろ時間がなくなってきたので

今日はこのへんで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です