10年ぶりの鈴鹿サーキットに満足。

次男が乗りもの好きで、一度エンジンのついたバイクに乗せたいと思って鈴鹿サーキットに行きました。

入場してすぐにキッズバイクの乗り場に。待ち時間は1時30分待ち。まあ、これが目的だからと我慢しましたが、目的がただ遊ぶだけだったらまず待たなかったはず・・・

1時間ちょっと待ったあと、エンジンのついたバイクに乗りました。まあ、サイズも小さいし、自転車に乗るように難なく乗りこなし早々に終了。あとは長男と長女も楽しみたいので遊園地内のアトラクションに乗りました。

前回来たのは独身の時だったので10年くらい前。当時と違って子供と大人が楽しめるような仕組みが作られていたので、満足できました。

アトラクションはポイント制になっているものが多かったです。一定のポイントを達成するとカードがもらえ、そのカードと引き換えにある施設に持っていくと300円で写真付きのカードが手に入る仕組み。

このライセンスカードは免許証のようなもの。写真も付いててプラスチックのカードがその場でもらえます。このカードを手に入れて子供は嬉しそうにしていました。

1回カードを手に入れると次のカードが欲しくなります。種類は15種類ほどあるみたいなので、1枚300円だから15枚集めると4500円。なかなかいい値段になります。うちの場合、子供が3人いるから、全部で13500円。カードに使うには結構な金額です。

さらに1日ではまわりきれないので、次回来ると入場料やパスポートを買うことになります。なかなかうまい仕組みを作ったなと。なので、この日は1人1枚までと制限をつけてカードを作りました。

10年前に来た時は、普通の遊園地だったので物足りなかったのでかなり楽しめる施設になったと思いました。

妻が「ディズニーだったら、こうしてくれるのに・・・」と比較の対象がディズニーになっていたのには驚きましたね。まず普通の遊園地だったらディズニーとは比較しないので、かなりいい施設になんだなと。

子供たちもすごく楽しかったと喜んでいたので、ここなら距離も近いしまた行こうかなと思いますね。

 

で、こうして昔よりも良くなっている施設にいくと人刺激がもらえていいです。自分も磨かないといけないなと思えますから。

でも、多くの人は自分を磨こうとしない。今の状況をそのまま継続しようとします。それでも、普通の遊園地と同じように多くの人になってしまいます。

僕ら個人事業主がそうなったら終わりですね。だれも来てくれなくなります。

だから自己研鑽することは必要です。磨くことで魅力的な人になり自然と人が集まるようになります。今は集客が盛んに治療業界ではされていますが、魅力があれば集客せずに人が集まってくるのだと思います。

魅力的で価値のある人をほっとくはずがないですからね。

そのためには、一つでも他と違うスキルがなければいけません。

僕でいうと整体スキル。一度受ければ他と違うと明らかに思ってもらえるようなスキル。で、それはやり続けないとつかないからコツコツとやり続けるしかないですね。ということで、今日もコツコツと行動してスキルを積み上げます。

ーかすやゆうぞう

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です