1から生み出す必要はない

ワークアウトという言葉を

あるトレーナーさんのSNSで見て気になったので

ググってみました。

 

検索で上がってきた上の記事しか見ていないのですが

そこに書かれていたのはトレーニングという言葉は

アメリカでは使わないということ。

 

日本では、体を鍛えるとかという意味で使っていますが

アメリカでは懲罰の意味を持った鍛錬という意味らしいです。

 

じゃあ、アメリカではトレーニングのことを

何て言っているのかというと

それがワークアウト。

 

トレーニングはやらされているというニュアンスが強い。

逆に自発的というニュアンスが強いのがワークアウト。

 

アメリカでは「ワークアウト=解決策」という意味で

使われるのが一般的ということです。

 

トレーニングという言葉ではなく

ワークアウトに変えることで

動作一つ一つの目的がはっきりして

目的が変わってくるとのこと。

 

じゃあ、人生に意味を持たせようとしている自分は

ワークアウトと呼ぶしかないですよね(笑)

 

これは僕の解釈なので

記事を見たい方はこちらで確認してください。

 

で、今回はこれを伝えたくて

記事を引用したのではありません。

 

世の中にはいい情報を

発信している人が多いなとふと気づいたので

たまたま今日ググって見つけた記事を紹介しました。

 

1から考えて文章を書くよりも

良いと思った物を伝えた方が

 

僕にはあっているようです。

 

もともと1から何かを生み出すような

才能はありませんからね。

 

今までの経験から

上手くいくときは

僕がいいなと思ったものを

真似た時です。

 

1からやって上手くいったことは記憶にありません。

 

だったら、このブログでも

僕の考えを伝えたいのなら

誰かの言葉を引用させてもらった方が

きっと伝わるはずだと思ったんですね。

 

ブログを1000記事近く書いて

やっと自分のできることに気づけました。

 

今まで自分で考えて

情報を発信しないといけないと思っていたのですが

そんなことはありませんね。

 

自分で考えるよりもいいものを組み合わせて

再利用した方が価値があります。

 

と言うことで

ブログでもコピーでも

まずはあるものを生かすこと。

 

これだなと思ったので。

 

自分で考えない、と言うのは

コピーライティングの基本なんですけどね。

 

今まで何をやっていたんだか・・・

 

やはり基本に忠実に、ですね。

 

ーかすやゆうぞう

 

PS:

これは整体でも同じ。

自分で生み出す必要はありませんね。

なんか気が楽になりました〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です