鰻を食べる。

土曜日から1泊で浜松でした。浜松といえば「鰻」。4月の末から5月にかけて鰻を食べた方がいいと聞いたので早速鰻を食べてきました。

まだ調べてないのでよく分からないのですが、鰻は年に4回食べるとエネルギーが充電されて元気になるようです。それを聞いたら鰻を食べに行くしかないと舘山寺温泉街にある「志ぶき」へ。

車で40分かけて到着すると、駐車場は満車。店の前には順番待ちで外に人だかりが。並ぶことは好きじゃないので家族だけでなら並ばずに違うお店に行くのですが、妻のいとこ、おばあちゃん、そして義母がいたので、ここはじっと我慢。「並ぶの嫌だからやめよう・・・」なんてとても言えない。

1時間後に入店し店の奥に通されました。リフォームしたばかりなのか、木を中心にしたキレイな内装が居心地の良さを感じさせ、鰻への期待感が高まります。

メニューを見ると「ちゃいる丼」なるものが。名前が秀逸。この名前をつけられると子供にはこのメニュー以外は頼むという選択肢がなくなりますね。なので迷うことなく子供は全員「ちゃいる丼」。

大人はというと、みんな「うなぎ丼」。僕は周りに流されずに「上うなぎ丼」を食べようかとも思いましたが、味が未知数だったので後悔しないように今回は一番リーズナブルなものを選択。といっても2500円くらいするのでまあまあいい値段。上うなぎ丼になると1000円追加なのでここは無難にですね。

20分くらいして、まずは「ちゃいる丼」がきました。ご飯の量が多くて完食できるのかと思ほど。普段食べる3倍くらいのご飯が入っている。大人もこれでいいんじゃないかという印象。メニューには子供しか頼めないと書いていたので頼めませんが、書いてなければ大人もこれを頼むんじゃないかと。

子供たちを見るとお腹が空いていたのか箸の進みがいい。普段よりもよく食べてました。しかし、さすがにご飯の量が多く、長女と次男は食べられませんでした。大人の量も多いので残したのは誰も食べられず僕が食べることに。

子供の分と自分の分を完食。合計2杯のうなぎ丼を食べたことになります。最近はお腹の出具合と健康のことを考えて腹7分目を心がけていますが12分に食べました。残すことはお店の対して失礼なので、ここは健康面よりも礼儀を重視です。

味はというと、さすが人気店という味。濃くなく薄くもなく丁度いい味付けでとてもおいしくていただきました。これなら上うなぎ丼を頼んでもよかったかなと・・・

 

なんだか今日のブログはグルメリポートのような内容になりましたが、鰻は日常的に食べるものではないので、たまにはいいかと思い書いてみました。

これからは意識して年に4回は食べに行こうと思います。レジャーという点でもそうですが、健康面も考慮してですね。

次回は7月20日から8月6日なので、この時期に鰻を食べたいと思います。たぶんバーベキューになるかなと。

ーかすやゆうぞう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です