飲まないコーヒーを注文した理由

昼休憩にカフェへ。

 

車で10分もかからない

自家焙煎コーヒーの専門店。

 

店内でコーヒーを飲むこともできるし

焙煎したコーヒーをテイクアウトもできるお店。

 

店内に入って2時間くらいいたのだけど

テイクアウトと店内で飲む人では

同じくらいの割合でしたね。

 

最近は体への負担が大きく感じるので

コーヒーを飲まないようにしています。

 

なので、コーヒー専門店なのに

辛いジンジャーエールを注文。

 

何でコーヒーを飲まないのに

そのお店を選択したのかというと

そのお店の雰囲気が好きだから。

 

前にも2回ほど行ったことがあって

お店とオーナーの雰囲気に癒されました。

 

そんなお店でジンジャーエールを飲みながら

コンセプトを書き出していたのですが

ふと、気づくと他の客さんは

みんな帰っっていてお店の中は僕一人。

 

そこで、コンセプトを書いていたこともあって

いい機会だからオーナーに

お店のコンセプトを質問してみようと思い

お店の売りであるコーヒーを注文。

 

お店のことを知るには

お店の売りであるコーヒーを飲まないと

オーナーの想いを感じられませんからね。

 

コーヒーを注文するついでに

オーナーに質問してみました。

 

 

「自分のお店を紹介する時には、なんて言って紹介しますか」と。

 

すると、思っていた通りの答えが返ってきました。

 

そこで、他にお客さんがいないこともあって

深掘りしようと思って質問を再度質問。

 

結局質問ぜめに。。。(笑)

 

嫌そうな顔をせずに答えてくれました。

 

それどころか僕にも質問を返してくれ

二人で対話をしながら自分自身を振り返る時間に。

 

いい気づき思考の訓練の場になりました。

 

お店を出て車で帰っている時に気づいたのは

お店に行くのは商品にお金を払っているのではない、ということ。

 

今回でいうとジンジャーエールやコーヒーに

お金を払ったのではないんですね。

 

正直、飲み物だけなら

お店に行くことはありません。

 

でも、追加注文までしたのは

オーナーの世界観に触れたかったから。

 

つまり、僕は飲み物だけに価値を感じているのではなく

 

お店の中心であるオーナーの世界観に価値を感じているのです。

 

わざわざ飲まないコーヒーを注文したのもそんためです。

 

これは、よく行く洋食屋さんでも言えることです。

 

そのお店だとお金を気にせず

いやあえて多く使おうと思うのは

オーナーの世界観が好きだからです。

 

もちろん、料理も美味しいですが

単純に美味しい料理を食べたいからではないんですね。

 

 

ま、簡単にいうとファンということ。

ファンだからその人を応援したい気持ちになるのは自然なこと。

 

だからよく行くし

お金も多く使ってしまうのです。

 

 

それを考えると整体院を繁盛させるためには

腕を磨くだけではなく

自分自身を磨かないて魅力を出さないといけません。

 

自分の生き方や価値観を面白いと思ってもらったり

魅力的に思ってもらったりして

興味を持ってもらう必要があるです。

 

相手の価値観にマッチすれば

必ずファンになってもらえます。

 

商品や店内の雰囲気を含めた

自分だけの世界観を見せるのがお店。

 

自分のお店も魅力的に思ってもらえるようには

分かりやすく伝えないといけません。

 

そのためには、もっとコンセプトを明確にしないと、ですね。

 

ー粕谷雄三

 

PS:写真を撮り忘れたので、アイキャッチは以前撮ったスタバのもので、、、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です