食べ歩きを行動計画に入れた理由。

僕はお店が好き。

 

最近は読まなくなったけど

お店の広告がたくさん載っているフリーペーパーは

写真、ヘッドライン、オファーなどを中心に

端からは端まで舐めるように見てしまうほど。

 

常にお店に対してはアンテナを張っている。

 

これは昔からなんだけど

お店というか、サービス業が好きなんだよね。

 

その理由は、今までよく分からなかったんだけど

お店の雰囲気やサービスを通すことで

そのお店のオーナーの世界観に触れることができるからかなと。

 

で、僕が好きなお店の共通点は

細かいところまで意識しているお店。

 

細部に神は宿るというけど

感動するお店って細かいところまで

意識が行き届いているからね。

 

飲食店の場合だと

座席やテーブル、床などが

キレイに掃除してあるのはもちろん

トイレがキレイになっているかどうか、とか

一番汚れるキッチンがキレイになっているか。

 

料理も毎回丁寧に盛り付けされている、とか

味にばらつきがない、とか

こんなところが気になる。

 

接客もどこまでお客さんの視点になっているか、という基準で見ているしね。

 

評論家でも何でもないのに厳しい目で見ているのかもしれない。

 

 

もちろん、これは自分が相手に対して細かい配慮をしたいから。

 

だから、自分を成長させるために

今年の行動計画にお店の食べ歩きを入れた。

 

目的は、美味しいものが食べたいからというのではなく

細部までこだわった感動するサービスを体感すること。

 

お客さんのことを考えたサービスが何かを学ぶためだね。

それを学ぶためには結構な投資になるかな。

 

今までの経験から、安いお店でそれができているところはあまりないからね。

 

単価が安いということは

売上を上げるのに量をこなす必要がある。

 

量をこなすと、忙しくなる。

忙しくなると人は余裕がなくなってくる。

 

余裕がなくなると配慮するのは難しくなる、というのがその理由かなと。

 

 

なので、結果的に普段行かないような

高いお店を探そうと思っている。

 

自分が体感した以上のことはしてあげられないと思うから

まずは自分が体感しないといけないからね。

 

本やテレビやネットを見ても

体感しないことにはその感覚は分からない。

 

相手はバカじゃないので

薄っぺらさを感じられてしまう。

 

なので、きめ細かいサービスを体感することで

お客さんの立場を体感できたらと思う。

 

当たり前だけど、相手は自分とは違うから

どこまで気を使っても完璧になることはないけど

まずはチャレンジしないとね。

 

人にきめ細かいサービスを求めているってことは

結局は自分が相手に提供したいと思っていることだからね。

 

味もそんなに変わらないんだから

高いお店に行くのはもったいない、という人がいるが

高いのには理由がある。

 

高いお金を請求するには

それに見合う価値を提供する必要があるからね。

 

妥協した環境しか知らないと

自分自身も自然と妥協することになるので

環境には気をつけたいね。

 

なんか、ごちゃごちゃ書いていたいたら

よく分からなくなったので

今日はこのへんで。

 

良い日曜日を。

 

ーかすやゆうぞう

 

PS:アイキャッチは本文とは関係ないど、昨日高速道路で撮ったもの。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です