願望実現のための・・・

おはようございます。粕谷雄三です。

ナポレオン・ヒルの「思考は現実化する」を読んでいてこれは重要だな、と思ったのでこのブログにメモしておきますね。

願望実現のための6か条

1、あなたが実現したいと思う願望を「はっきり」させること。

単にお金がたくさん欲しいなどというような願望設定は、まったく無意味なことである。

2、実現したいと望むものを得るために、あなたはその代わりに何を “差し出す” のかを決めること。

この世界は、代償を必要としない報酬など存在しない。

3、あなたが実現したいと思っている願望を取得する「最終期限」を決めること。

4、願望実現のための詳細な計画をたてること。そしてまだその準備ができていなくても、迷わずにすぐに行動に
移ること。

6、紙に書いたこの宣言を、1日に2回、起床直後と就寝前になるべく大きな声で読むこと。このとき、あなたは、
もうすでにその願望を実現したものと考え、そう自分に信じ込ませることが大切である。

 

これ、はまさしくそうだな、と思いました。たぶん、10年くらい前に図書館で借りて読んだ記憶はあります。しかし、読んだだけで、気づきとかはあまりなかったんじゃないかな。その時は自己啓発関連をよく読んでいたいので「またこれか。」と知ったふりをしていました。

「イメージすれば実現するんだよね」と自慢げに人に言っていたくらいで自分で実践していませんでしたね(嫌な奴でしたね、、、)。紙に書き出すところまではやったかもしれないけど、具体的に書かなかったんじゃないかな。

それに「2」に出てくる【代償を必要としない報酬など存在しない】これは、やることリストとやらないことリストを作ることかな、と。

そして「3」は、【最終期限】だから、デッドラインを決めるということですね。【締め切りは最高の発明】だったかな、コピーライターの誰かが言っていたと思います。やはり期限を決めることで人の力は発揮されるということですね。

逆に言えば期限がなければやらないということ。昔、のぼくが三日坊主で嫌だったんだけど、それはデッドラインを決めなかったのが行けなかったんだと。期限を決めていれば当時の僕でもできたんだと思います。

「4」はこれは、ぼくの得意とするところ。すぐに行動を起こす。ただ詳細な計画をたてのが足りないですが・・・苦笑

「6」はやるだけだね。

さあ、あとは実行するだけですね。もう一度深く考えてみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です