開業してもお客さんが来ないのはツラすぎる・・・

専門学校を卒業して半年後に開業した。開業のきっかけは、親が家を建てたこと。母が「家を建てるからそこでお店やる。よかったら一部屋を整体院スペースにするけど・・・」この一言から始まった。

その時に素直に「お願いします・・・」と答えたのを覚えている。

そして23歳で自営業者となった。

開業当日、、、

開業前に前に折込チラシ1万5000枚配布。これで初日の予約は埋まると思っていた。

しかし、、、

初日の予約は2人だったかな。その後も1日1人か2人。もちろん誰も来ない日なんてザラにある。その結果、初月の売上は13万1000円。これじゃあ、自営業といってもフリーターと変わらない。

毎日朝から整体院の隣にある居間で横になってでメジャーリーグを見ていたし、夕方になるとその日に入った数千円の売り上げを財布に入れて遊びにいった。まあ、典型的なダメな整体師のパターンだね。

お客さんさえ来てくれれば・・・という根拠のない自信はあったが専門学校で習っただけの知識と技術では痛みを改善することはできない。痛みが変化しないので、マッサージでごまかすだけ。自信がないから次回の予約も勧められない。

技術があればクライアントさんの方から予約は増えるはず、、、と思いながらもやる気なし。

もちろん、やる気とお金がないからセミナーに参加して勉強する選択肢はない。本を読んで治療の勉強をするにも眠くなって昼寝の回数が増えるだけ・・・苦笑。

結局、やることがなくて、お金がない毎日に飽きてアルバイトをすることに・・・それが9年間もアルバイトをすることになるとは思わなかったけどね。

で、最近よく思う。もし、今の自分があの頃に戻れたらどうなっていたんだろう・・・とね。まあ、「もし、、、なら」はないんだけどね。

だから、最近オープンさせた生徒さんの整体院の予約が入っているのが素直に嬉しい。本人は大変かもしれないけど毎日忙しそうにしている生徒さんを見てホッとしている。僕のような思いをして欲しくないからね。

無駄な時間を使うことなくできるだけスムーズに理想の生活を手に入れてほしいからね。

早く目標とする生活を手に入れて、次のステージにいって飛躍してほしいね。

早く飛躍してもらうこと、それが今の自分の役割だね。

ーかすやゆうぞう

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です