鉄は熱いうちに打て

現在、大府市の図書館に来てます。

スタバに行こうかと思ったのですが、駐車場から店内を見ると相変わらずの混雑具合。

 

そこで、その近くにある大府の図書館に行く事に。他の図書館には数え切れないほど行ったことがあるのですが、今までは本を借りる時くらいしか図書館には行ったことがない。

その図書館と比べるとこの図書館はかなりオススメ。

 

何がいいかってまず周りが静か。それに椅子も座りやすい。まだ建物も新しいので空間もいい感じ。この空気感ならスタバの何倍も集中できそうです。コンセントは使えないようですが、パソコンはどこでやってもいいとのことなので嬉しいです。なので、これからちょいちょい使わせてもらおうかなと。

 

さて、昨日は打ち合わせのあと終電で帰ってきたので、今日は寝不足気味です。

と言っても4時間は寝てますけどね。今までの流れだと、昼寝を1時間ほどして回復するのですが、今日は昼寝をせず外にでてきました。昼にヨガをしたせいか頭もぼーっとせずに今のところクリアです。意外に睡眠時間が少なくても集中してできそうな気がします。

 

昔、アルバイトをしていた時は睡眠時間が3時間でした。いつか稼ぐようになったら毎日は6時間以上の睡眠を取ると決めていました。実際にこの数年感は21時〜22時には布団の中に入って4時か、5時には起きるという生活ができています。

 

しかし、今年になって新しい価値観に気付きました。その結果、あれだけ執着していたのに睡眠時間を削ることを決意。

その理由はハッキリしていて、尊敬できる人の平均睡眠時間は3時間だから。ひどい時は1時間もないということもあるようです。

実際にフェイスブックなどに投稿されている記事を見ると深夜の3時から社員全員で焼く肉を食べながらのミーティングをやっていました。それもたまにではなく当たり前のようにいつもやってる雰囲気。

 

ということは、いつも寝るまを惜しんで朝から晩まで仕事をしているということです。

 

でもその人は自分自身のことを3流と呼ぶ。そのレベルで3流なら僕はどうなるんだ、となりますね。

その姿勢を見たら刺激されないわけがない。やっぱり成果を出している人は寝る間を惜しんでやっている方が多いようです。。一緒に時間を過ごしているわけではないのであくまでも私見ですけどね。

 

あるデータによると寿命と睡眠時間の関係だと6,5〜7,5時間の睡眠時間が寿命が長いととのこと。

 

ということは、平均睡眠時間が3時間で仕事をしている人はまさに命を削っているということですね。

いや〜、僕のレベルで6時間も睡眠なんて取っている場合じゃないですね。

 

ということで、全く考えてもいなかった睡眠時間を削って自分を引き上げて習慣に挑戦します。

 

「鉄は熱いうちに叩け」じゃないですが、熱量のあるうちにゴールに向かう習慣化できたらと思います。

 

 

では。

 

ーかすやゆうぞう

 

PS:

あまりに静かなので、ブログを見直している途中に眠くなってきました。。。まだまだ習慣化が足りないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です