逆を行く生き方

タイトルを変えて1日が経たったのですが

なんか居心地が良くないですね。

 

今までの当たり障りのない

ブログのタイトルが安全領域だったようです。

 

まあ、勇気を出して変えて

自分自身の掘り下げのきっかけになったのはいい傾向

 

でも、まだ、明確に意味付けができてないので

自問自答しているところです。

 

で、自問自答して少し見えてきたのが

僕は常に人の逆を求めているんだなと。

 

だから、結果的にチャレンジングな人生になってしまう。

 

ある意味、多くの人は既製品と同じなんですね。

どこにでも変えの効く人間のように見えてしまう。

 

その典型が会社員。

 

通勤時間も同じ。

同じ建物の中に入って

同じような仕事をする。

 

厳密にいえば違うかもしれませんが、、、

 

でも、子供の頃から会社員に違和感を感じていました。

 

それもあって「俺は会社員にはならない」ということを

無意識に感じていました。

 

だからと言って

会社員をバカにしている訳ではありません。

 

父は会社員として15歳の時から65歳まで働き

今もアルバイトを続け現役で働いています。

アルバイトを入れると55年も会社勤めとしています。

 

そんな父を尊敬していますし

愚直にそういう生き方ができるのは

素晴らしいとも思います。

 

でも、それを自分ができるかというと

それはできません。

 

実際に1年半、会社員として働いた経験があるので言えるのですが

僕がいると周りが幸せになれません。

 

人と違う行動をしてしまったり

すぐに考えが変わるので

周りを振り回してしまいます。

 

その結果、自分も周りも我慢することになり

表面上でしか付き合えなくなる。

 

それは、お互いにうれしくないのです。

 

だから、僕はこういう人と違った生き方を選択。

 

多くの人が◯◯だと答えたら

本当にそうだろうかと、そもそもを疑う。

 

そして、あえて逆を行ってみる。

すると、確かにそうだと思うこともあるし

いや、これは違ったなということが経験できる。

 

人の逆を行くことで

新しい発見ができて

それが今では生きがいにつながっているのかもしれません。

 

そういえば、会社を辞めるときに

社長に言われたことがありました。

 

「今の時代、会社を辞めると大変だぞ。食っていけるのか?」

 

社長は心配してくれて言ってくれたと思うのですが

余計に僕は辞める決断をしてよかったと。

 

なぜなら、社長は雇われ社長で

その会社を辞めた経験がない。

 

経験したこともないのに

それって本当なのかと。

 

だったら、本当に大変なのか試してみようと後押しされました。

 

結果はこの通りで

やりがいのある毎日を送れています

 

もちろん、アルバイトをしなければ食べていけなかったので

そういう意味では大変でしたが

僕にとっては我慢して会社員を続ける方が大変だったのです。

 

「大変」という言葉も捉え方によって変わります。

 

人の逆を行くチャレンジングな生き方をしたくない人には

僕のような生き方は大変かもしれません。

 

でも、反対にチャレンジングな生き方をしたい人には

組織の中にいて言われた仕事をやり続ける方が大変なのです。

 

まあ、あなたがどっちのタイプか分かりませんが

たぶん、このブログを見ているということは

チャレンジングな人生を選択したいんじゃないかなと。

 

では、今日はこのへんで。

 

ーかすやゆうぞう

 

PS:

チャレンジングな生き方をしたけど、なかなか一歩が出ない。。。

そんなあなたの背中を押すイベントを考えていますのでぜひ、楽しみにしててください^^

2件のコメント

  1. いのまたのりこ

    「大変」

    大きく変わることを人は大変だって思うのかもね…

    でも、だとしたら、雄三には大変がぴったりだね(o^^o)

    私も「大変」がいい!楽しい!

    いつも勇気をもらいます。ありがとう

    • 管理人

      コメントありがとう!

      チャレンジして自分が面白くなって
      さらに勇気を与えらえるならそれほど嬉しいことはないね。

      こちらこそ、ありがとう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です