趣味で治療がしたい・・・

できれば趣味のように治療がしたい。こんな考えを持っている治療家は多いんじゃないかな。

例えば、、、

・患者さんを治すために時間をかけたいけど、時間をかけると多く治療できない・・・

・もっと通ってほしいけど、お金がかかるから下手に勧められない・・・

・毎日のように来てほしいけど、実費だときついよな・・・

・年金暮らしだときついよな・・・

・もっと、治療の勉強がしたいけど、患者さんが来ないことには・・・

・毎月の支払いのことを気にせずに治療したい・・・

・無理にメンテナンスで通わせずに、通わせたくない・・・

こんな考えを多くの治療家が持っているから、治療に専念できないんじゃないかな。逆に言えば、この問題がなければ、治療に専念できるということだね。

じゃあ、どうやって解決するか?

 

それは、”考えて、行動する”これしかない。

なんだ、当たり前じゃないか・・・と言われそうだが、悩んでいるときは以外とこれができていない。そもそも考えることと悩むことは違う。

考えるとは、具体的に何を行動すればいいか、が分かること。ほとんどの人は考えているのではなく悩んでいるだけ。悩んでいても行動できない。だから、具体的にどんな行動を起こせば解決できるのか、それを考えれば解決できるはずだ。

ほとんどの人が、問題があると悩むだけで解決策を考えない。考えるのが面倒くさくなって先送りにしてしまう。そして、毎日解決できない問題を前に悩むことになる。

「もっと患者さんを治すために時間をかけたいけど、時間をかけると1日に治療できる人数が減ってしまう・・・」という問題があれば、

「治療技術を上げて時間を短かくする」「患者さんへの説明のやり方を変える」「価格を上げる」「スタッフを雇い必要なところだけ自分が治療をする」・・・など少し考えるだけでも方法が出てくる。あとは、それを形にするために行動するだけ。

それをやらないと、毎日同じ問題が頭の中を支配されて何もできなくなって時間を無駄にしてしまう。(昔の僕だね・・・)

問題が出た、ということは解決するチャンスだということ。いつまでも部屋の中で暗く考えていても解決しない。何か思いついたらすぐに行動することがあなたが上手くいくための方法だと思う。行動しないと昔の僕のように9年間もアルバイト生活を送ることになりかねないからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です