「洋食ゴッタ」ここは特別。

昨日は、スーパーコピーライターさんと対面でミーティングをした。ミーティングは朝10時くらいから治療院でスタート。終わった時には夜の8時になったいた。約10時間もミーティングをしていた。これだけ話をしてもまだ話ができた。楽しい時間はあっという間に過ぎてしまう。これから治療院がどう変わっていくかが楽しみだ。

このスーパーコピーライターさんは朝は早く新幹線に乗って関東からわざわざ来てくれたので、お昼は美味しいものでも食べてもらおうと考えていた。美味しいものが食べられ雨お店は一軒しか思いつかない。自信を持って勧められるお店は僕の行きつけの「洋食ゴッタ」しかないと思った。

予約を取ろうとも思ったが、どうなるか分からなかったので予約を取ることはしなかった。午前中のミーティングをしていたら気づけば13時になったいたのでやばいと思った。もしかしたら、入れないかもと思って、電話で問い合わせてみた。すると案の定ランチの予約は取れないと言われた。

 

でも、どうしてもそこのランチを食べたかったので、顔なじみという武器を使い強引に予約を入れてもらうことができた。申し訳ないと思ったがそこ以外は行く気にならなかったのでお願いしていまった。

お店に着くと、忙しそうで無理に入れてくれてたことが分かった。だが笑顔で迎えてくれた。

このお店は何を食べても美味しいのでなんでも美味ししですよとスパーコピーライターさんに勧めた。ここはメインだけ選べ、コースで出てくる。最初にサラダが出て、次にスープとパン、そしてメイン。デザートのアイスがでて、最後に食後の飲み物だ、

スパーコピーライターさんはイベリコ豚のグリルだったかな?名前は忘れたけどそれを頼み、僕は蝦夷鹿という肉を注文。蝦夷鹿の肉は臭みがありそうだなと思ったが、食べてみると臭くない。そして柔らかい。口に入れてうまいと言ってしまった。

で、コピーライターさんはイベリコ豚を食べて美味しいと言っていが、それよりもデザートのアイスを食べた時の方が感動が大きかったようで絶賛していた。

確かにここのデザートは、僕の妻も絶賛していて同じ意見だったようだ。ただ誤解のないように言っておくと他の料理が美味しくないというわけではない。他の料理もかなり美味しい。ただ、アイスは別格であまりに美味しすぎるのだ。

その反応をみて店主には無理を言ったが、それでもそこのお店に行けてよかったと思った。ただ、注意してほしいのは誰もがこのお店を気にいるとことはないということ。なぜなら店主が頑固なのでそれがダメな人には無理だ。僕はツボなのでかなり居心地がいい。

ぜひ、美味しい洋食が食べたければ知多市にあるゴッタはかなりおすすめだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です