習うよりも体験して慣れることだな。

昨日は、保育園の運動会。

仕事用に買ったビデオカメラを持って運動会へ。記録よりも記憶を大事にしたくて今までビデオカメラを撮ることを拒んでいたのだが、病院に行って孫の運動会を見ることができない母と妹と弟の運動会をみたいという長男のためにこの日は渋々撮影。

初めての撮影ということもあり、どうやって撮っていいのか分からない。全体を撮った方がいいのか、それともズームで撮った方がいいのか。もう試行錯誤という感じ。撮影しながら、生でも見たいから一瞬画面から目を離すと子供が写ってない、、、苦笑

結果、撮影に気が取られて子供の成長を見て楽しめなかった。画面を覗いているとテレビで見ているのと変わらないんだよね。迫力がないというか、その場にいるのに臨場感がないというか。。。生で見るのとビデオで見るのとでは明らかに違うからね。

ビデオカメラを通して見た場合だと、全体を撮ると子供の表情が分からなくなり、ズームになると全体が見えない。

一方、肉眼では全体を見ながら子供の表情まで見ることができる。それどころか自分の子供だけでなく他の子供の表情まで分かりその場の雰囲気を感じることができる。

今まで気づかなかったが、子供だけを見てるようで全体を見ていることに気づき、動画とライブでは入ってくる情報量の違いを体感できた。

実際に体験してみる!

これは施術や集客でも言えること。

まずは現場で体験することが成長するためには欠かせない。施術をしてみて効果がないから学ぶ。集客してみて上手くいかなかったから学ぶ。これが重要かなと。

僕が一気に売上を上げることができたのは、現場で9年間上手くいかない経験を積んだから。悪い事例ばかりを積み上げたんだよね。もっと早く勉強しろよというツッコミは置いといて、これがあったから急速に売上を2倍にすることができたし、技術を学ぶとすぐに結果を出してクライアントさんを喜ばすことができる。

何が言いたいかというと、机の上で勉強するのと現場で実践するのとでは大きな差があるということ。

まずは、技術をつけてからとか、もっと知識をつけてから、とかよく聞くが最低限の技術や知識を習ったらまず始めることが大事なんじゃないかなと思う。

施術でも集客でもまずはやってみる。そして痛い目をみる・・・苦笑

早く結果を出したければこれをするしかないね。きっとこれがあなたの目標とするゴールに近づくもっとも効果のある方法だ。

ーかすやゆうぞう

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です