行動できないのは、チキン(臆病)だからではない。

先日、税理士さんが来2ヶ月に1回の訪問日。

いつもなら今の現状を確認して雑談して終わるのだが、この日は珍しく税理士さんから新しく立ち上げる事業の話になった。

2人の友人と会社を立ち上げようとしているがその計画が進まずフラストレーションが溜まっているとのこと。自分以外の2人が真剣に考えてないのではとのこと。

「事業ってそれで上手くいくほど甘くないですよね・・・」と何度も自分に言い聞かせているような感じだった。

「世の中の流れを考えて商品を完成させてからなのにそれが進まない。どうしたらいいですかね」との質問。

これは、多くの人がやりがちなことだと思う。

結論から言って「計画や商品を作るよりも売ることが先」。

彼のパートナー2人と同じ考え方かな。

多くの人は、計画を立てて商品を作ってから売ろうとする。

でも経験から言えば、商品を作ることよりもまずは売ることの方が大事。

なぜなら、商品を完璧に作ったと思っても、その商品が売れるとは限らない。

税理士さんは、完璧な商品を作ってから販売しないと、失敗した時に看板に傷がつく、と話していた。

この考え方は分かる。

しかし、この世の中に完璧というものはない。

商品を完璧に作ったとしても、それはその人がイメージしたものが完璧に作れたということで、お客さんが欲しいものが完璧に作れるのとは意味が違う。

自分が完璧だと思ってもお客さんが必要なければ、まったく役に立たない。価値がないということ。

なので、まずは商品を作る前に売ること。売れてから商品は作る。これが原則。

今までこれを感覚でやっていた。そしてマーケティングを勉強して、これが早く成果を出す方法だとが分かった。

それを税理士さんに伝え、他の2人のように売ってみることから始めた方がいいんじゃないかな。と伝えた。

すると、腑に落ちたような顔をしながらも「自分はチキンだから行動できないんですよね・・・」とボソッと言った。

でも。実はチキンだから、臆病だから行動できないのではない。行動できないには「実在しない」ことを考えているだけだ。

これは先日のセミナーで教えてもらって言語化できたこと(早速、役に立った^^)。

神様を例に出すと、神様という言葉はほとんどの人が知ってるし、なんとなくイメージもできる。

しかし神様と握手した人と会ったことがない。ということは、神様は実在しないということになる。

実在しない神様のことを考えても神様がどういう存在なのか分からない。その人のイメージで神様の顔も格好もすべてが変わってしまう。なので、これについて議論しても答えはでない。

つまり考えるだけ無駄ということ。

だから、まずは実在する形にしないといけない。そのために行動がある。行動することで形になる。

マスタープランも同じ。7年は実在しない。だから実在しないものを実在させるまで落とし込むことが必要。

そのために7年後から逆算して今日の行動を決める必要。

ということで、考えるよりもまずは行動、かな。

ーかすやゆうぞう

PS:

iPhoneの方は、メルマガ登録してもメルマガ届かないそうなので、このメールアドレスでメールが届くように設定してください。

kgk.kasuya**gmail.com(**を@に変えて設定してください)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です