行動しない方がリスク?!

昨日、スクールの生徒さんと話をしている時に「コンサルタントの友達がアドバイスをくれて、、、」という話になりました。その時に思ったのはそのコンサルタントは一般論しか言っていないなということ。

どんなアドバイスをくれたかというと「開業は慎重にしたほうがいい。準備には時間をかけて、マーケットリサーチをしっかりする。なぜなら10年後には起業した7%しか残らないのだから・・・」と。

これを聞いて、あまり僕が好きなタイプのコンサルタントじゃないなと思いました。僕から言わせると何の役にも立たないアドバイスです。まあ、僕のタイプが行動してから考えるタイプなのでそう思うのかもしれませんが、行動することの方が起業する人にとっては大事だと思っています。行動してから考える、、、これが基本。

最低限の準備は必要ですが、完璧な準備を目指すといつまでたっても開業できません。なぜなら、何が完璧な準備かが分からないからです。起業することにリスクはつきもの。そのリスクを最小限にするために準備をした方がいいというのは分かりますが、リスクばかりを考えすぎると起業するのが怖くなります。結局起業しないという選択をすることになるかもしれません。僕にとっては行動しないというリスクの方が怖い。だったらまずは行動する。これですね。

整体業はありがたことに初期費用はほとんどかかりませんからね。それに、今回の場合は全くの素人が一人で開業するわけではない。モデルにできる人がいる。それこそ自宅で10年以上開業経験のある人からアドバイスを受けることができるのだから、これこそ最高の準備だと思います。

その環境が整っているのだから、まずは安心領域から飛び出す。そこから、どうしたら上手くいくかと考える。そして行動する。これしかないですね。ただ、モデルにする人がいなくていきなり開業するのは僕の経験上厳しいですね。僕のように何も分からないまま9年間もアルバイトをして時間を無駄にするかもしれなので。

あなたは、行動する派ですか?

それとも考える派ですか?

うまくいくコツは行動すること。これだと思いますがあなたはどう思いますか?

ーかすや

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です