自然の法則!

おはようございます。粕谷雄三です。

日曜日に名鉄百貨店のスタバで、整体スクールのホームページに載せる文章を書いていたのすが、9時を過ぎると10代女の子がが店内に増えてきてきました。

10代というと元気が有り余っている世代。自然と話のボリュームが大きくなります。あまりに店内が活気が出てきて、僕には耐えられなくなってきたので、場所を変えることにしました。店から歩いて5分もしない地下に違うスタバがあるので、そこに移動。

また、スタバかよっ、と思われてもやっぱりスタバが落ち着くんですね。

この地下にあるスタバの店内を見渡すと年齢層が高いので、集中して仕事ができる。。。かなとおもったのですが、、、店内があまり寒い。エアコンが効きすぎているんですね。あまりの寒さに30分ほどでこのスタバを出ました。

とにかく日に当たるために外に出るとて募金活動をしていました。日に当たってるためにその募金を活動をしている方を見ました。

普段見ることがないので、どんな人が募金をするのかなと観察することにしました。

見て気づいたのが、ほとんどの人が募金をしないということ。でも、その一方で一定の割合で募金をする人がいます。どんなことでも少数派がいるんですね。

少数派の募金をする人のほとんどが幸せそうな顔をしていました。怒っている人や機嫌が悪い人は募金をしないようです。これある法則とも言えます。

それは、幸せな人しか募金をしないということです。多分・・・。これ、僕が勝手に考えて書いているので事実とは違うかもしれませんが、幸せな人じゃないと人に与えられないですからね。

自然の法則の中で与えると結果自分の元へ返ってくるというものがありますが、そういうものだなと募金している人の顔を見て思いました。

この自然の法則を知っていて意識して募金している人もいました(たぶんですが・・・)。その人は平然と札を募金はしていました。隣の奥さんも普通のことといった感じ。

この人たちは知っているんですね。自然の法則を。これ、募金もそうですが人に与えれば与えるほど自分に返ってきます。だから、歴史に名前が残る人の寄付の金額がすごいです。

お金があるから寄付できるんだろ、という人がいますがそれは違って、寄付できる人、人に与えられることができる人だから寄付をするということですね。

だから、その人たちがどれだけ寄付をしてもお金がなくならないんですね。逆にお金が増えていいくくらいです。もう、自分たちには十分すぎるお金があるから、寄付をしているのに寄付をすればするほど返ってくる。これ大富豪と呼ばれる人たちなら経験してるんじゃないかな。

まあ、本やオーディオブックでしか聞いたことがありませんけどね・・・

でも、これ真実だと思うんですね。だから、あたえれば与えるほど自分の元に返ってくる。これ経験したら、また報告しますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です