自分の役目

昨日は9月からアドバイスしてきたトレーナーさんとの最後の電話ミーティング。3ヶ月間での成果はどうだったかというと売上の面では微妙。

売上自体は上がったけど、利益を考えるとそこに価値はなかったね。それよりも価値を与えられたかなとおもったのは、価値観やマスタープランの書きだし。これをやってもらうことで新しい発見ができてこれからより明確に自分のやるべき行動が見えたと思うね。あとリサーチが重要なことを伝えられたことは良かったかなと。

コーチングによって狭くなっていた視野を広げることができたのはお互いにとって収穫だった。

ただ、今後は生徒さん以外のサポートをすることはないね。今回サポートしたことで自分の価値観に合ってないことがよーく分かったからね。そもそも人をサポートできる人間じゃない。自分のことで精一杯。自分自身はコントロールできても人はコントロールできないからね。相手のことを考えて、相手の力になれる人ならいいけどぼくはそのタイプじゃないね。逆のタイプ。人にお願いしてサポートしらいビジョンを実現させる方が大事。人のビジョンを達成させるのはぼくの仕事じゃない。だからいい経験になったね。

ぼくの仕事は、やはり現場に立ち続けてクライアントを健康にすること。そのために治療スキルをアップする。で、治療スキルを上げ、そのスキルを人に教えて薬に頼りきっている医療を含めた治療業界を変えることができたらと考えている(デカイことを言っているけど、目指さないとゴールには向かえないからね。)

そのためには、完璧に近い健康にできる技術を作らないといけない。そのために自分が勉強してもっと治療家としてステージを上げる必要があるんだよね。治療の勉強はもちろんだけど、技術を習得したり広めたりするのにはお金も必要。いいものを広めるためにはお金がかってくるからね。

今使っている技術はとても勉強になる。この先間違いなく広めていかなければならない技術。だけど、これはある協会から提供されている技術。この技術を広めたいと思ってもぼくが勝手に広めることはできない。

協会がそこまで広める気がないとこれは自由にコントロールできないん。ルールがあるからね。

だから、自分で今の技術を越えるものを作って広める活動をしないといけないかなと。協会の方針が変われば別だけどね。

ま、今ぼくがやることは、大学の教授と対等に話ができるぐらいの知識をつけること。これはあと4年で身につけるスキルだね。そのためには毎日の日課として治療の勉強をしないといけない。ここの習慣化がまだ定着してないので時間を確保して知識をつけていきたいね。

ーかすやゆうぞう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です