自分の頭で考える

なぜ、自分の望む成果が出ないのか?

 

これを考えて気づいたことがあった。

 

それは、、、

周りの意見に合わせて判断しているから。

 

自分で調べて、考えて、判断する。

これは意識しないとできない。

 

自分で考えるように意識しても

面倒だなと思って流されてしまうことがあるからね。

 

ということは、意識していない人は

どれだけ周りに流されているのか、と思う。

 

自分の頭で考えることは

当たり前だと多くの人は思っている。

 

でも、疑問に思ったことを深く考えない人がほとんど。

 

例えば、教育。

 

今でも過去のパラダイムに引っ張られて

当たり前のように子供を塾に通わせている。

 

目的は大学に行かせるため。

 

いい大学に行けば

いい就職先に行ける、というのが

これまでの一般的な考え方。

 

昨日、生命保険の話をしたんだけど

保険も大学に行かせることを前提に

保険料が考えられている。

 

これは、多くの人が大学に行かせることを

前提にしているということ。

 

でも、その判断は

これから大学に行かせることが

本当に必要なのか、と考えた判断なのか。

 

すでに世界で有名教授の講義を

インターネットで学ぶことができる時代。

 

その流れから見ても

高いお金を出して大学に行かせる意味があるのかと思う。

 

だから大学に入るために塾に行くなんて

不自然でしかない。

 

 

ま、これは極端な例かもしれない。

だが、否定もできないんだよね。

 

親が何も考えずに過去の経験だけで

子供の行動を決めつけると

子供の足を引っ張ることになる。

 

結果、子供の可能性を閉ざしてしまう。

 

過去を踏まえて、現状を知り

未来を予測するのが大事なのは

親の最低限の役目。

 

親なら自分の頭で考えて

行動を起こさないといけない。

 

多くの人は自分で考えられないから

人に依存してしまう。

 

外に答えがあると思ってると

いくら高額なセミナーに参加しも

求める答えを見つけられない。

 

なぜかというと

自分の答えは自分の中にしかないから。

 

正しいものは人それぞれ違う。

 

その人にとっての正しさは

自分にとっての正しさとは限らない。

 

「なぜ成果が出ないのか?」

それは自分の頭で考えていないからだ。

 

人の意見を参考にするのはいい。

だが、人の意見をすべてだと思うと自分を見失う。

 

つまり、頼れるのは自分だけ、ということだね。

 

備忘録として。

 

ーかすやゆうぞう

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です