考えている暇はない

今日はセミナーなので、始発の電車に乗って東京に着きました。今回は明日もセミナーがあるので泊まりですね。

 

で、いつも通り日本橋口の改札を通って目の前にあるスタバに直行。そして「シュガードーナツとカフェイン抜きのコーヒーをください」と注文。電源のついた席に座りブログを更新中。。。

 

もうルーティンになっているので全く脳を使うことがありません。言い方を変えれば安心領域の中にいるということなんですけどね。でも、ぼくはこれでいいと思っています。1日の9割はルーティンで脳を使わずに行動する。残りの1割だけ意志の力を使う。このバランスが自分の中ではいいかなと。

 

マスタープランを書き出すとゴールが決まるので、あとは具体的な行動を書き出し行動するだけになります。なので、あとは考える必要はなく習慣化するだけ。やる気があるとか、ないとかに関係なくやればいいだけ。

 

でも、行動できない人はここで考えてしまうことが多いです。1日のうち何度も考え脳を疲労させてしまいます。時間だけが過ぎて1日中何もできなかった・・・なんて記憶は振り返れば何回でもありますからね。

 

一方で成果をあげる人は、ゴールを決めたら必要な行動を習慣化して淡々とこなします。感情に左右されることがほとんどありません。成果の出る人と成果の出ない人の差ってこれだけなんじゃないかと思うほどです。人に一目置かれる人って、とにかく目の前のことを淡々とこなしていくんですよね。その積み重ねが結果となって他の人との差を生んでいるだけなんじゃないかな。

 

なので、マスタープランを書いて具体的な行動計画を立てるとが行動する時間が欲しくなります。時間がなくなっていきます。やることは山ほどあるわけですからね。

 

となると時間の無駄使いがなくなるのです。お金で時間が買えるならと安いバスよりも新幹線というような選択をすることにもなるのです。

 

それに時間を大切にすると、付き合う人も選びます。居酒屋で愚痴なんて言っている時間がないですからね。

 

結果として、お互いの時間を尊重し合う人たちの集まりにいるということになるのです。逆をいうと、今そんな環境にいるのならその環境を買えるだけで人生が変わるということです。何を選択するかは自由です。あなたが自分の価値観を大事にしたいのなら環境を変えてみるもの一つの手ですね。

 

ーかすやゆうぞう

 

P.S:環境を変えたい人にオススメな勉強会があります。メルマガに登録すれば詳細が分かりますので、興味のある方は今すぐメルマガフォームから登録してください。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です