習慣

週末は友達家族と1泊2日のキャンプへ。

 

飲んで、食べて、話して、運動して、寝る。

子供と一緒になって楽しんだ2日間でした。

 

子供と違ったのは夜更かしくらいですね。

大人のメインは子供が寝た後ですから。

 

例年のキャンプでは夜まで話し

寝るのが2時3時くらいになります。

それが楽しくキャンプに行くようなもの。

 

なのに今年は夕方から

ビール、シャンパン、ワインを飲んで

気持ち悪くなってダウン。。。

 

もう少し夜遅くまで話したかったのですが

限界に達して話すのを諦めて寝ました。

 

そのおかげで朝は5時に目が覚めて

気持ちよくランニングに行けたのはよかったのですが

やっぱり話ができなかったのは残念ですね。

 

なぜ、いつもお酒を飲んでも大丈夫だったのに

今回はダウンしてしまったのか?

 

その理由は2ヶ月までに

毎日の晩酌をやめたこと。

 

普段飲まなくなった分

アルコールのまわりが

早くなったことが原因ですね。

 

日常的に飲んでいるときは

そんなことなかったのですが

体が変化していたんですね。

 

そう考えると毎日晩酌をしていたことが

アルコールに対しては強い体になっていたということですね。

 

まあ、アルコールを毎日の習慣にするのは

リスクが高いのでお勧めできませんが。。。

 

習慣にするならトレーニングがお勧めです。

いや、お勧めではなくトレーニングを習慣にすべきです。

 

例えば、トレーニングを習慣化すると

筋肉が強くなります。

 

筋肉は負荷を与えることで筋肉が傷つき

それを修復するときにより強く大きな筋肉として再生します。

 

そしてトレーニングを続けることで

筋肉の強さをキープすることができます。

 

筋肉が強いと痛みの予防はもちろん

自分のパフォーマンスを上げてくれます。

 

これは人生において

かなりのメリットです。

 

単発のトレーニングや運動は

筋肉を傷つけるだけで終わってしまい

デメリットでしかありません。

 

筋肉はほっとけば小さくなっていくので

習慣にしないトレーニングは

痛みの原因を作っているだけです。

 

これならやらない方がいいのです。

 

でも、やらないと筋肉は衰えていきます。

動きが悪くなって痛みが出る場合もあります。

 

運動やトレーニングは

生きている以上やり続けるものなんですね。

 

ほとんどの人が運動はしたくないと思いますが

もう諦めるしかありませんね。

 

諦めて運動習慣がつけば

意外と楽しいですので

ぜひ、運動を習慣にしたい人は

一緒にやっていきましょう!

 

ー粕谷

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です