習慣をあえて変えてみる

今日は30分以内にブログとメルマガを更新する予定。

 

8時からの予約が入っているのだけど

たぶん、7時45分にクライアントさんは来る。

 

もう1年は通ってくれてる方で

遅刻どころか7時50分よりあとに来たことがない。

(たしか、7時にはうちの近くの公園に来て散歩して時間を潰していると言っていた)

 

この約束の時間よりも早く来る気持ちは僕もよく分かる。

 

で、これはクライアントさんによって傾向が違う。

 

時間より早く来る人。

時間通りに来る人。

遅れてくる人。

 

この3パターンがある。

日によってこれが違うという人はあまりいない。

 

たぶん、無意識うちに

そのパターンが習慣化されているんじゃないかと思う。

 

僕は時間前の10分前にいくようにしていた。

 

その習慣は中学時代のサッカーを部の先生に教えられてからついた。

 

当時は集合時間の30分前には現地に着くように教わったが

大人になるとさすがに早いと思う。

 

お店の予約は早く行きすぎても

お店が開いてなかったりするし

時間を無駄に使ってしまうから

できるだけ時間ジャストに行くようにしている。

 

最近では意識的に遅れる時もあるけどね。

 

で、これらを意識できるようになると

今までになかった感覚が身につく。

 

電車に乗る時も10分前に駅にいないと

落ち着かなかったのだけど

意識してギリギリにいくようにすると

1分前でも焦らなくなった。

 

電車に乗り遅れるということも

35歳を過ぎて初めて経験したけど

自分腹を立てずにそれでもいいかなとも思えるようになった。

 

経験を重ねることで

自分の幅が広がっていくのが分かる。

 

昔では考えられないけどね。

 

電車に遅れるものなら

発狂するくらい感情が怒りに支配されていたからね。

 

幅が広くなると自然と余裕もでき

感情面の安定に繋がっている。

 

これはいいことで

自分に優しくなっているとも言える。

 

自分に優しくなれると

人にも自然に優しくなれる。

 

自分に厳しい人って

相手にも厳しくしてしまうからね

 

「自分に厳しく人には優しく」って聞いたことがあるけど

そんな器用なことはほとんどの人ができない。

 

僕もまだまだだから

ビジネスのことなど真剣になるときは

つい人に厳しくなっている。

 

これは表情だけではなく

たとえ、笑顔になってても

雰囲気で伝わっているみたい。

 

顔は笑っているけど

目は笑っていないという状態(笑)

 

これは意識しても

自分の中に持っているものを

隠すことはできないということだね。

 

で、何が言いたいかというと

自分を磨いて器を広げていくと心の余裕を生む。

 

心の余裕は自分を優にしくなれるから

人にも優しくなれる。

その優しさは魅力の一つになる。

 

魅力ある人間になるには

自分の器を広げること。

 

器を広げるためには

今までやらなかった体験をすることかなと思う。

 

習慣化された行動をとっている人は

普段はやらない行動を取ることをお勧めする。

 

ーかすやゆうぞう

PS:写真は本文とは関係ないけど、昨日見学に行った生徒さんのお店で撮ったもの。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です