経験に優るものはない。

おはようございます。粕谷雄三です。

最近、自分自身と向き合っています。

これは意識してやっているのではなく、そんな環境に追い込まれているからです。

実は今年に入ってから、いや、年末くらいからですね。売上が下がり続けています。

今までにないくらいのペースで落ちています。

これは、昔のようにアルバイトをしなければならないのか、という恐怖心が出てくるほどの落ち方。それほどまでに売上が急降下しています。まあそんな中、高額セミナーに申し込んだ自分の無鉄砲さには尊敬しますけどね。。。

で、これだけの時間が経って売上が落ちた原因に気づきました。

それは、技術の引き出しが増えたということ。

治療のセミナーに1年半参加して技術の引き出しが増え、これは難しいなと思うものが少なくなりました。

その結果、何でもできるという意識になっていたのです。

これが落とし穴。

何でもできるということは、何もできないのと一緒。

簡単にいうと「何でもできます」と言われてそれを信用する人はいない、ということです。

例えば、、、

「腰痛、ひざ痛、肩こり、めまい、癌、アレルギー、骨盤矯正、美顔、何でもできる整体院です。」と言われるよりも「美容専門の整体院です」とわれた方が効果がありそうな気がします。

これは妻がヨガを習いたくて探していて、気付いたことを教えてくれたのですが、骨盤ヨガ、リフレッシュヨガ、◯◯ヨガ・・・などたくさん種類のあるところは、全体的に薄い知識でやっているのかなという印象を持ったということです。それよりも、やれることが絞ってあるヨガの方、知識が深そうで行きたくなるとのことでした。

たしかに。

メッセージを絞ればそれだけ強いメッセージになる、これは基本です。

じゃあ、その強いメッセージを出すにはどう絞るか。

主観たっぷりに言わせたもらうと、これが経験からメッセージです。

経験したことはメッセージの熱量が違います。経験しているから伝わるものがあります。ただうわべだけで書いてるメッセージと経験したメッセージでは同じことが書いてっても伝わり方は全く違うのです。

僕が一気に売上を上げた時期は、これが絞れていました。

今考えればですが、自分が経験から書いたメッセージだったので、新規が多く来院してくれたのです。

当時はできる技術も一つしかなかったので、それを徹底的にやりました。すべてが絞れていたのです。なので、一気に売上を上げることができたのかなと。

で、技術の引き出しが増えた今はどうかというと、この逆をしていました。

何でもできるというメッセージを出したことで、メッセージがぼやけてしまって新規がこなくなってその結果売上が落ちていったということ。

両極を経験することで見えるものがあります。

頭で考えて分かっても経験しないと本当の意味では分からないのです。

絞ることもその一つ。

器を広げるために、売上が下がったという現象は本当ありがたい機会です。

これを素直に受け入れられるかどうか。

すべての現象に感謝です。

ーかすやゆうぞう

PS:
メルマガに登録したけど、
メールが届かない、、、
という人はこちらのサイトを見て
設定をお願いします。
↓
スマホのメール設定
http://tsuitamon.jp/nondelivery/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です