経験こそ財産

昨日19時から名古屋の接骨院で

アキュスコープのミニセミナーを開催。

 

受講していただいたのは、

その接骨院の先生4人。

 

 

僕が実践している

アキュスコープ治療のやり方を伝えてきました。

 

僕のやり方はとてもシンプルなので

短時間で覚えることができます。

 

テキストもスライドもいらないほど。

 

器械の複雑な設定も必要ありません。

 

アキュスコープのハードルが高いのは

器械の設定なんですよね。

 

なので、そこがよく分からなくて

使いきれていない先生が多いみたいです。

 

 

今回の先生たちも

そこで迷っていた感じがあったので

できるだけシンプルにお伝えしてきました。

 

 

まあ、実際に普通の主婦でも1週間もあれば

痛みを改善させることができていますので

実践経験を積んでいる先生なら

次の日から効果がでます。

 

この器械さえ持っていれば

誰でも治療家になれるんじゃないかと思うほどです。

 

 

で、そんな感じで伝えたのですが

教える側に立ったことで

あることに気づくことができました。

 

それはアキュスコープに関してなら

何時間でもセミナーができるということです。

 

何時間でも、、、というのは言い過ぎかな。

 

少なくても、質問形式なら

何時間でも伝えることはできますね。

 

なぜ、そんなことが言えるのかというと

質問を受けた時に

頭の中でいくつも選択肢があったからです。

 

優先順位をつけて確率の高いものから伝えていきましたが

これも伝えた方がいい、というのが次々に出てきます。

 

なので、質問をされると

その場合ならコレがいいし

違う場合ならコレがいいと

具体的に伝えられるのです。

 

僕はセミナーで教えるよりも

セミナーに参加することが多いです。

 

参加したセミナーでは

講師の知識の深さに感心して

自分にはできないことだなと見えてしまうのですが

アキュスコープのことなら

それもできるなと思ったのです。

 

で、何でこんなにも具体的に

そして場面に応じて話すことができるのかというと

やはり経験しているから。

 

10年の間、失敗を繰り返しています。

 

失敗の繰り返しがあったから

深い知識を身につけることができたと言うことです。

 

10年間ひたすら仮説を立てて考え

実践を続けてきましたからね。

 

それを考えると

自分で考えて実行することで

経験が得られる。

 

後から見ると

それが財産になります。

 

行動を続けることこそ経験を積むことなので

行動、そして継続することが

財産になるということですね。

 

 

整体院が上手くいかなかった時期が9年。

その間にカフェをやろうかとか

思考が飛びましたが

整体を続けてよかったと思っています。

 

継続することは余りを生むこと。

 

つまり、財産につながるのだなと。

 

経験こそ財産。

これからも経験を積み重ねていこう。

 

ー粕谷雄三

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です