患者さんと向き合った結果・・・

おはようございます。粕谷雄三です。

昨日は朝から夜まで営業時間の予約が埋まっていました。2時間は整体スクールがありましたが、その時間以外はありがたいことに予約がうまって新規の患者さん、新規整体スクール無料体験希望の方の予約をいれることができませんでした。

さらに、今日は土曜日にもかかわらず時間外まで患者さんが入っているほど予約が埋まっています。趣味の少年サッカーも行けないほどです。

ある意味昔の僕からすれば、夢の状態ですね。予約帳を開いても埋まっていない。ほぼ一週間の予定が真っ白。掃除なんてする意味あるのかなと思いながら毎日掃除していました。汚れることもないトイレや床を磨いていました。

その時と比較すれば、予約が埋まって とてもありがたいですのですが(ホント感謝ですね)、今は予約がうまってもテンションが上がるとはありません。そんな日もあるよねと思うくらい。思考は現実化するはまさにその通りで、叶うのが当たり前だと思っていると現実化しますね。

しかし、その状態は自分の中では普通なのでテンションが上がらないんですね。テンションが上がるということはまだ夢の状態にあるということなので叶わないんだなと思います。

さて、こうやって毎日患者さんが来院すると、改善する人、改善しない人が出てきます。特に僕は6回で改善がみられない場合は全額返金しますという形をとっていますから、6回以内に結果を出さないと全額返金になり売上がなくなります。

だから、ひたすら患者さんの体と向き合うしかないんですね。それだけ向き合ったも痛みが改善されない。そうなれば約束通り返金となりお金を用意します。自分の力がないのを自覚しながらです(もちろん、僕が治してやるなんて傲慢な気持ちはありませんよ。治療家の仕事は気づきを与えることですからね)

昨日も6回目なのに痛みに変化のでていない患者さんがきました。途中で変化はあり楽な日もありましたが、それでもまた痛みがぶり返してくる。結局最初よりも痛い状態で6回目を迎えました。それも6回目の施術後は変化がみられない。これはまだ回数がかかるなと思って提案しましたが、変化がないのに通ってくれるわけがありませんよね。

「最初の提案で6回で改善が見られない場合は全額返金します、とお約束しましたので・・・全額返金させていただきますので金額を確認していただけますか?。」と施術後にお金を取り出しました。

しかし、「先生が一生懸命やってくれたのに受け取れません」と受け取ってもらえずに帰って行きました。何度か受け取ってもらうようにしたのにもかかわらず、です。

それも、感謝の言葉を言いながら治療院をあとにしてくれました。正直戸惑いましたが、ぼくが真剣に患者さんと向き合っているのが伝わってるんだな、とジワリ胸が温かくなりました。

これが良いか悪いかは分かりませんが、、、

でも、やりきると人の気持ちって伝わるということは経験できました。逃げずに向き合うと気持ちが伝わるということですかね。。。

ーかすや

P.S.

写真は内容とは関係ありません。ただのイメージ写真です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です