穏やか

先日、ある方に「穏やかになりましたね、、、」というようなことを言われました。

 

その時は「そうかな〜」くらいにしか

思わなかったのですが

意識してみるとそうかもなと。

 

なぜ、穏やかだ言われるようになったのか。

 

それは自分のあり方と向き合っていることが

理由かもしれません。

 

価値観が少しずつ明確になることで

自分が自然体になっているような気がします。

 

気持ちに余裕

 

開業から9年間はお金がないという状態で

切羽詰まった感じはありました。

 

売上が上がったあとも

その感覚から解放されることなく

さらに売上を上げることや

最低限の売上をキープすることを考え

切羽詰まった感覚は変わりませんでした。

 

それはクライアントに伝わっていたはずなので

いい関係性を作ることができなかったのは当然です。

 

それが、この2、3年は

自分のあり方と向き合えたおかげで

理想とする自分に近づいてきたような気がします。

 

だから、気持ちに余裕ができて

整体院に来るクライアントにも

偉ぶることなく

自分を低く見せることなく

自然体で穏やかに接することが

できるようになったのかなと。

 

そのおかげで今までは通わないよな、、、と

感じるような人でも価値を感じ取ってくれて

2回目以降も通ってくれることが多くなりました。

(まあ、例外はありますが。)

 

なので、いつの間にか売上を上げるために

リピートしてもらおうという考えが

なくなったのは大きな理由かな。

 

あとは、整体院のサポートを1年半ほどしてくれた

パートナーさんの存在も大きな理由。

 

人間的に魅力があり、

その方に自分がどういう態度で人と接するのか

どういうあり方でいたらいいのか、といったことを

行動で見せてもらいました。

 

目の前の人を大切にする

というのは口では言えますが

簡単にできることではありません。

 

でも、その方は実践している。

最低でも僕にはそう接してくれた。

 

口だけではなく背中で語られると

自分もやるしかなくなります。

 

これは誰と一緒にいるか、という効果だなと。

 

自分が望まない人と一緒にいると

望まない自分になっていく。

 

逆に、理想の自分に近い人と一緒にいると

理想の自分になっていくのです。

 

1年半という時間その方と接したことで

穏やかだと言われる自分がいます。

 

そう考えると、

これから誰と付き合うか

これは大事なことです。

 

これで将来の自分の姿が変わるのですから。

 

もし、理想とする自分がいるのなら

環境は選ばないといけない。

 

今の環境が理想の自分に近い人たちに

囲まれているのならいいですが

そうでないなら考えてみた方がいいです。

 

ーかすやゆうぞう

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です