稼ぐこと

「整体はお金を稼ぐためにやっていない」という整体師がいる。本当に趣味でやっているならいいけど、施術をしてお金をもらって生活しているのなら言っていることとやっていることに矛盾がある。

 

まあ、当たり前のことだが、整体を仕事にするなら整体で稼ぐ必要がある。でも多くの整体師はお金を稼ぐことに抵抗感があるように見える。

 

だいたい、こんな整体師は自分の中でお金を稼ぐことにマイナスの気持ちがあって自分の理想とする生活ができずないことが施術のやりがいを失っている原因でもある。

 

一方で、施術にやりがいを持っている人の特徴は稼いでいる人が多い。お金を稼ぐということは相手に価値を与えてる証拠だからいい循環が生まれる。

 

昔の自分がそうだったから言い訳をしている人の気持ちはよく分かる。

マイナスな気持ちがあった間は売上が20万円以上稼ぐことはでず稼げない言い訳をしていた。「整体という仕事が趣味でやるのがベスト」ってよく言っていた。でも本音はアルバイトをしなくても生活できるお金が欲しかった。

 

まずは、稼ぐ。

 

稼ぐことにマイナスの感情があるとだと稼げない。自分で稼ぐことにブレーキをかけているからね。こんなマインドでは稼ぐアイデアは出てこない。

 

稼ぐためにはまずはお金が欲しいと認めることだ。

本音になるということだね。

 

僕の場合、それに気づいたことで売上を上げることができた。

 

一番最初にやって成果を出しのは、料金設定を変えたこと。

 

開業から50分4000円の単価でやっていた。それを30分3000円、50分5000円に変更した。

整体の相場の金額だが、当時は30分で3000円をもらうなんて、、、と思っていたし、マッサージなしの始めてのメニューだった。だから満足してもらえるのか、というのはとても不安だった。

 

料金を変えて最初のお客さん。本当にマッサージなしで30分で3000円という料金を払ってくれるのかと心配だった。施術が終わって「これで様子をみてください」という一言がとても緊張したが、お客さんは嫌な顔をせずに普通に3000円を払って帰っていった。

 

僕の思い込みの壁がなくなった瞬間。やればできると思った。

 

だいたい売上が上がる時って、「これはできないんじゃないか」「そんなことをしたらお客さんに嫌な顔をされるんじゃないか」と自分の思い込みをなくした時のような気がする。だから違う成果を出したいのなら、自分の思い込みをなくすことだ。

 

ーかすやゆうぞう

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です