短期間で専門家になれる?!

最近、ダンケネディーの音声を聞ています。

 

前は毎日のように聞いてたダンケネディー。

 

しかし、1年ほど前に

iPhoneの容量がいっぱいになり

音声を削除。

 

ポスティング中にその音声を聞きたくなり

久しぶりにダウンロード。

 

直感に従い

やはり新たな発見がありました。

 

1つ例をあげると

 

「今、情報はいくらでもあるから

誰でもすぐに専門家になれる・・・」

というような話。

 

例えば、、、

自分が何か病気になったら

その病気について調べますよね。

それも徹底的に。

 

その結果、医者よりも詳しくなるという事は

今では珍しくありません。

 

自分の病気だけを検索して調べれば

いくらでも情報はでてきますからね。

 

医者は昔よりも細分化されたとはいえ

1つの病気だけを勉強する訳ではない。

 

なので、その症状に対してリサーチを繰り返しすれば

間違いなく医者より詳しくなれます。

 

つまり、その病気に関して言えば

医師よりも知識を持っているということです。

 

つまり専門家ということです。

 

僕はスキルを上げるために

毎朝最低1時間は体のことをリサーチしています。

 

以前よりも深い知識が増えたので

それを伝えるとお客さんのリアクションが違う。

 

今までは、治ればいい、と

勝手な思い込みをしていたので

情報を伝えることを軽く見ていました。

 

でも実際に調べた情報を伝えると

お客さんの反応が違います。

 

ということはお客さんが求めてるものは

施術だけではなく

自分の体の情報を知りたいのかなと。

 

そうなると施術だけに集中するのではなく

お客さんについての情報を伝え

それに対しての改善方法を提示することができれば

お客さんが通わないという選択はなくなる。

つまり、自然にリピートにつながるような気がします。

 

それが他とは比べものにならないくらいできれば

マッサージのお兄ちゃんとか

整体の人という見方ではなく

専門家の先生という見方をして

素直に話を聞いてくれるということですね。

 

で、その重要性を感じて

毎日リサーチをしています。

 

最近のリサーチは自律神経が中心ですね。

 

整体院のポジションは

腰痛専門という立場なので

腰痛を調べるのですが

 

ヘルニアや狭窄症の一般的な情報には

あまり興味が湧かない。

 

どちらかというと、

心因性の原因で起きている腰痛のリサーチになります。

 

心因性になるとストレスなど、

結局は自律神経との絡みになるので

自律神経が中心となる、ということです。

 

まあ、とにかく情報を入れて

自分の中で噛み砕いて

お客さんに分かりやすく説明したいですね。

 

 

で、自分の中に噛み砕くには実践が必須。

実践すると健康に偏った生活になる。

 

極端になってしまうのは注意が必要ですが。。。

 

リサーチして知識を深め

自分で実践する。

 

 

実像が伴わないのは

説得力がないので

これをやるだけですね。

 

ーかすやゆうぞう

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です