目の前にある課題をこなす

名古屋から帰る電車の中で更新中。

 

今日はマリオットのラウンジである方と会っていました。

以前から仕事の相談をしていて

4月から本格的に始動する予定でした。

 

ですが、時間が経てば気づきがあります。

 

一緒に仕事をやるのは

保留にしてもらいました。

 

タイミングは大事ですからね。

 

話をしたことで

改めて今何をすべきなのか

課題が見えました。

 

 

で、今優先するのは

目の前の課題にをこなすこと。

 

やるべき課題をやらないと

いつまでも次のステージ進むことができないと思うので。

 

これは15年間ずっと感じていたもの。

やらないといけない、と思いながら

いい訳をして先延ばしにしてしまいました。

 

この課題は階段のようなもので

次のステージに行くには

目の前の階段を1段ずつ登るしかないのです。

 

 

上手くいく人は目の前の階段を1段ずつ登っていきます。

階段の上を見るのではなく

足元を見て1段ずつ登っていきます。

 

で、気づくと上まで上がっている。

 

上手くいかない人は目の前の階段ではなく

上ばかり見ています。

 

結果、つまずいたりして

次の階段を登ることができないとか

ひどい時には階段から転げ落ちていきます。

 

目標を持たなくていいというのはそのためです。

 

なので、次のステージに上がるためには

足元の1段の階段を登ることです。

 

基本の徹底

 

基本は僕の永遠のテーマなのかなと気づき始めました。

 

整体でいうと

解剖学とか、生理学を徹底して学ぶことです。

 

 

 

 

結局、今年始めに作った計画で落ち着きました。

 

とにかく課題を淡々とこなすことですね。

 

おっと、そろそろ駅につくので、

今日は短かいですがこのへんで。

 

ーかすやゆうぞう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です