狂人

狂人を調べてみました。

意味は、「精神に異常をきたした人」「精神の平衡を失った人」とのこと。

あまりいい意味ではありませんね。

 

なぜ、狂人を調べてかというと、

吉田松陰がこのように言っていたからです。

 

思想を純度高くつきつめてゆけば、その行動は狂人にならざるをえない。 

 

僕の解釈では、本物なるためには

狂人にならないといけないのだなと。

 

僕は本物という言葉に憧れがあります。

きっと本物を求めているのでしょう。

 

ということは

自分が狂人だと人から思われた時に

本物になれるのかなと。

 

そんなことを、ふと思いました。

 

過去を振り返ると

狂人になりたいと思っていたような気がします。

 

だから、あえて人の進む道に行かなかったりしていたのです。

 

でも、、、

進むべき道が分からない。

何をやってもシックリこない。

やりたいことが見つからない。

 

と20代〜悶々としていました。。

 

高校時代、サッカーに夢中になっていた時は

魂が震えるような感覚があったのを覚えています。

 

たぶん、あの時は周りから見たら狂人だったはずです。

 

高校を卒業してから30代前半まで

それを探していたような気がします。

 

それが40歳に近くになって

自分のあり方と向き合ったことで

魂が震えるような感覚が蘇ってきました。

 

これは自分が進むべき方向が見えてきたおかげ。

 

 

ある人生の先輩がいうには

40代が一番充実していたというくらいですから

狂人になれば楽しい40代になるのだと思います。

 

本物になるというと

ハードルが高く感じますが

狂人になるのはできそうな気がします。

 

狂人とかきちがいとかは

世間から見たらあまりいい印象は持たないですが

だからこそ、狂人になることに価値があります。

 

大衆はみんな間違えている

 

という言葉もあるように

何かを成し遂げる人、歴史に名を残す人は

みんな世間から批判も多かったですからね。

 

大人から見たら子供は狂人です。

大人には理解できない行動を取ります。

 

本音でしか動けないのが子供。

 

ということは本音で動く人はみんな狂人なのかもしれませんね。

 

 

なぜ、大人になると世間の目を気にするのでしょうか。

教育が大きな影響だと思いますが

もっと自分の本音に従って

狂人な行動をしてもいいのではないでしょうか。

 

世間からどう思われようが

夢中になれることをやったらいいのです。

 

メンタルブロックを外すことで

みんな狂人になって本音で行動することができます。

 

人はコントロールできないので自分が行動する。

自分が狂人になって気づくきっかけになれたらと思います。

 

では、今日も夢中になって行動していきます。

 

ーかすやゆうぞう

 

PS:アイキャッチは前も使った写真だけど、この頃が一番狂人だったはずなので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です