海を目の前にパソコン1台で稼ぐなんて言ってたな・・・

夫婦で来る予定だったクライアントが

奥さんの体調不良を理由にキャンセル。

 

今日は予約が集中していたので

自分のキャパを超えるほどの予約数だったのかもしれない。

 

ちょっと入れすぎたかなと思ったところで

そのクライアントからキャンセルの電話があったからね。

 

これは、偶然かもしれない。

だが、自分の目の前に起こる状況は

全て自分にふさわしいもの、と考えると

もっと成長しないとなと思う。

 

1、2年前までは施術よりも

優先したい仕事があり

それに合わせてしか予約を入れなかった。

 

これは意識的にではなく

無意識にしていたことだが。。。

 

でも価値観が明確になったことで

自然に予約時間外まで予約が埋まっていた。

 

 

 

コアに気づき意識して

行動するのはとても大切。

 

意識すると途端に使える筋肉と同じ。

 

無意識では身体もコントロールできないのが人間。

 

だから体よりもコントロールが難しい

人生を多少でもコントロールしたいのなら

なおさら意識して行動する必要がある。

 

お金にフォーカスしていた時期

自動的に収入が入ってくるというのが

とても魅力的だった。

 

南の島に行って海の前でパソコン1台で

月収◯◯◯円、とか

 

遊んでいても◯◯円みたいな、ね。

 

でも、これは完全に他人の価値観。

 

今ではそんな価値観がないことは分かるので

そこに憧れた自分が恥ずかしい。。。

 

 

ちょっとした価値観に気づくと

遊ぶとかのプライベートな時間よりも

クライアントと一緒に理想を目指していくことに生きがいを感じる。

 

自分が先頭を歩き体現して

経験したことをクライアントに伝える。

 

そして一緒に同じ方向を見て進んでいく。

 

これが生きがいだなと感じる。

 

整体は自分にはあっていない、と

思っていた時期があったが

今はそんなことはどうでもよくなった。

 

なぜなら整体は引き出しの一つでしかないからね。

 

整体以外にもクライアントのために

できることはいくらでもある。

 

とにかくクライアントの身体を変える

確率が高ければ方法は何でもいい。

 

もっと身体のことを知って

自分の身体やクライアントの身体を変えたい。

 

ただそれだけ。

 

なぜ、そこまで身体を変えることにこだわるのか。

それは身体を変えることで人生が変わるから。

 

身体が変わると考え方が変わる。

考え方が変われば行動が変わる。

行動が変われば人生が変わる。

 

漠然と人生を変えたいと思っても変わる気がしない。

だが身体を変えるならリアルに想像できる。

 

筋トレとかダイエットなら

本気になれば簡単にイメージすることができる。

 

運動が好き、嫌い

やるか、やらないか、は置いておいて

 

誰でも食事の量を減らして

運動量を増やせば体重が減っていくし

 

ウエイトを毎日限界までやれば

半年後には今以上に引き締まった身体が手に入る。

 

そんなことは誰にでも想像がつく。

 

だから、身体を変えることは

僕らにとって一番身近な生き方を変える手段。

 

僕にとってそこを手伝えるのは

とても意味のあることだと思うね。

 

意識して何をやるのかで人生を変えることはできる。

 

でも、いきなりは無理で

目の前のことに集中することでしか

自分のステージを上げられない。

 

結局は今のステージを

精一杯生きるしかないということだね。

 

では。

 

ーかすやゆうぞう

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です