浮き沈みがあるのが普通です。

朝からスタバです。自転車で来ました。

 

予報通りの寒さで

顔と手が少し痛かった〜。

 

そろそろ11月の中旬になってきてたので

冬到来という感じですね。

 

基本的に夏が好きなんですが

寒いのも身が引き締まる気がして

新鮮な気持ちになれて、いいですね。

 

さて、今日はなぜ営業日なのに

スタバにいるかというと、理由は簡単。

 

午前中の予約が入ってないから。。。

 

先月は新規の予約がここ数年で一番少なかったので

その影響が11月中旬になって出てきました。

 

だからと言って

何か行動が変わるかというとそうではなく

いつも通りのルーティンでチラシなど集客活動をしています。

 

ま、今月も先月同様に反応が薄いですけど・・・。

 

こんな時多くの人は不安になってきますよね。

 

このまま客さんが来なかったらどうしよう、、、

来月は食べていけるのか・・・

また、アルバイトをしないといけないのか・・・

反応が薄いなら折り込を止めて経費を削減した方がいいんじゃないか・・・

 

など。

 

そんな不安から今までやっていた行動を変えようと思うかもしれません。

 

でも、この考え方は間違えで

お客さんが来ても来なくても

やり続けることが大事です。

 

1ヶ月とか2ヶ月ではなく

1年単位で考えることがオススメ。

 

じゃなと、行動に一貫性がなくなって

お客さんが来る機会を逃してしまいます。

 

なので、短い期間の反応で喜んだり、落胆したりするのではなく

継続してテストしてその結果を見て判断した方がいいのです。

 

なので、反応が少なくなっても

今月もいつも通りチラシを入れますし

自分の達成したいゴールに向かって行動をします。

 

昔と比べると、

こんな時に何を基準に考えるのか

その軸があるのはいいです。

 

不安になる状況があっても

決まった範囲内ので行動してテストしていけばいいので。

 

やはり価値観を明確にすることは大事だなと。

 

ちなみに、昔の話をすると

お客さんが少なくなってきて不安になると

訳の分からない行動に走りました。

 

急にカフェを開業すると言いだしたり。。。

 

そりゃ、妻にも泣かれるわけです(苦笑)

 

最近は価値観の書き出しのおかげで

泣かれることはなくなりましたけどね。

 

昨日もどれかのブログで書きましたが

どんなことでも浮き沈みはあります。

 

それがどれだけ有名な繁盛店でも。

 

なぜなら、浮き沈むがあるのが自然の法則だからです。

 

いつも予約でいっぱいというところがたまにありますが

それはそういう見せ方をしているだけ(たぶん。)

 

うちだって1日1人限定だったら

1年中予約でいっぱいですと言えますからね。

 

だから、物事は現実的に見るのがいいです。

 

夢のような世界なんてないですから。

 

どんなステージに言っても

問題は出てきますし

それをどう捉えるか。

 

さあ、今日も楽しくチャレンジしましょう!

 

ーかすやゆうぞう

 

PS:

もし、あなたが整体師やエステティシャンなどのセラピストの方で

そのスキルを使って、自由に楽しく生きたいなら

こちらのブログもチェックするとあなたに役立つかもしれませんよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です