治療家にとってマーケティングは必要なのか?

スキルにフォーカス。治療家なら当たり前ですよね。

でも、スキルにフォーカスといってもクライアントさんが来なければ役に立ちません。実践の場があるからスキルにフォーカスできるんですよね。

ぼくも9年間も1日1人や2人のクライアントさんしか来ないのを経験しているので分かるのですが、。知識をつけようと思っても、身が入らないんですね。勉強しても使う場所がなければしょうがない話です。

だから、実践の場があるってとても大事。今では、毎日多くのクライアンさんが来てくれるので自分の成長のスピードが違うのも実感できています。

これを考えるとまずは実践の場が必要なんですね。実践すると必ず治らないという問題が出てきます。するとその問題を解決するために考えるしかない。勉強するしかないんですね。改善しないクライアントさんがいればどうしたら治るのかを考えるのが自然な流れです。

治療家として成長のスピードも変わってきます。治療家として生きていくのなら、クライアントさんを毎日数多く施術するのは重要なんですね。

そのために何が必要なのか?

それは、マーケティングですね。それが必要になってきます。マーケティングをすることでクライアントさんに価値が伝わり通ってもらえる。多くのクライアントさんを施術することで経験を積め、さ成長できる。

相乗効果です。

売上が上がるので勉強するための自己投資に使うお金も出てくる。高額のセミナーに参加できたりするんですね。

これがいい循環なんですね。

だから、治療家は稼ぐことも大事な仕事なんですね。それを昔のぼくのように、毎日食えるだけ稼げればいい、とか言っていると成長しないと宣言してることになります。

売上を上げて、利益がでたらスキルに投資する。そして、それをクライアントさんに還元する。この好循環を作ることが大事だと思いますが、、、あなたはどう思いますが?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です