こんな時こそ、自分と向き合う

昨日は気が抜けたのか、やる気が全く起きず気持ちが下降気味でした。2015年はノンストップで過ぎていった感じがあったので、体の奥に押し込んでんでごまかしていたものが表面化してきた感じです。

今朝はだいぶスッキリしているので、1日である程度表面に出せてよかったです。

だいたい気分が沈む時は何か答えが出る前のサイン。沈む気持ちから目を離さずに自問自答していくと気持ちが整います。そして気づきを得られます。

昨日も整えるための1日にしようとやる気が出なくても体を動かしました。朝から掃除をしたり、家族でショッピングセンターに行ったり、気分は上がらなくても行動しました。夕方には年末からやる気が起きずに先延ばしにしていた車を洗いましたしね。

洗車をする時は普段ならオーディブックを聞きながら洗うのですが、この日は何も聞かずに洗車。それが良かったのかは分かりませんが、洗車中にふと気づきを得て気持ちが整いました。

気持ちが沈む原因は、自分をフォーカスすることから相手にフォーカスがいっていたことでした。最近スクールの生徒さんをはじめアドバイスすることが多くなっていましたからね。

自分のことよりも相手をどうにかしたいという気持ちが強くなって自分以上にフォーカスしていたことで、体が違和感を感じて疲れとして表面化させたんではないかと気づきました。

もっと自分のやるべきことに集中しないといけませんね。

「周り影響を与えているね」と人から褒められたことでバランスを崩し主体性を失っていました。

自分の行動に集中するのではなく周りに気を取られて自分の行動がおろそかになっていた、ということです。こうなるとうまくいかないことが多い。世の中の多くの人がそんな状態にあるんじゃないかと思っているのですが、主体性がなくなるとほとんどのことが上手くいかないと感じています。僕の場合、必ずと行っていいほど気持ちが沈んで悪循環になっていくので。

去年これを何度も経験していたので、その経験が今回1日という早い段階で立ち直る気づきを得られたのは良かったです。

気分が沈んだり、うまくいかずに苦しい時って飛躍の前なんですね。だから、そこから逃げ出さずに自分と向き合う。気づきを得られるまでは辛いのですが、その結果は違いますからね。

だから間違っても自分自身から目をそらしてはいけません。目をそらしてしまうと成長できるチャンスを逃すことになってしまいますからね。

ぜひ、気持ちが沈んだ時は自分自身と向き合うことをお勧めします。

ーかすやゆうぞう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です