気づかないうちに作られている自分の枠

ある人のブログで紹介されていてハッと気づかされたことがあります。

 

それが、自己投資。

 

その方の年間の自己投資金額は

1000万円以上だそうです。

 

 

これを見て気づいたのが

自分は上限を作っていたということ。

 

その上限というのが

ある整体のセミナーに参加した時の講師が

「毎年300万円以上は自己投資に使っている。」

と話していたもの。

 

もう10年近く前だと思いますが。

 

 

当時はアルバイトをした生活だったので

年収300万円もない時期。

 

なので、自己投資に300万円使うなんて

想像もつきませんでしたね。

 

300万円の自己投資という基準

 

たぶん、年間300万円の自己投資というのは

自分の中に基準として残っていたようです。

 

そのおかげで売上が上がった分を

迷うことなく自分に投資できたのだと思います。

 

正確に計算したことはないですが3、4年前から

年間300万円まではいってないと思いますが

結構な金額を自己投資に使っています。

 

でも、年間で1000万円の自己投資、と聞くと

まだまだ目指す所が低かったなと。

 

今の自己投資で満足していた自分に気づいたので

自分で上限を決めていたなと。

 

年間300万円の自己投資が

基準になっていたおかげで

それに近い自己投資が実現できる収入を

得ることができました。

 

一方で、それがブロックとなって上限を作り

それ以上の金額を自己投資に使おうとは思いませんでした。

 

なので、年間1000万円という金額を

自己投資してもいい、というのは

いい気づきで新鮮。

 

これで新たなステージに行けるのかなと。

 

稼ぐ理由

 

もちろん、年間1000万円の自己投資となると

それだけ稼がないといけません。

 

そういう意味では稼ぐ理由ができたのかなと。

 

売上を上げるにしても

そこに稼ぐ理由がないと達成でいないのは

今までの経験から分かっていますからね。

 

(ちなみに多くの人が稼ぎたいと言ってもなかなか実現できないのはここにあると思っています)

 

 

なので、自己投資のために稼ぐ、というのは

稼ぐ理由になります。

 

成長したいという欲求は強いですから。

 

 

今回、これに気づけたのは

次のステージに進むサインかなと。

 

自分ができないことはイメージすることはできませんから。

逆にいうと、イメージできることはすべて実現できるということです。

 

年間1000万円の自己投資というのがピンときたということは

数年後にそれを実現しているということです。

 

なのでマスタープランに書き加えておきたいと思います。

 

でも、ホント思い込みって知らないうちに自分でブレーキをかけますね。

 

ブレーキが外れたあとどうなるか

この先が楽しみです。

 

ーかすやゆうぞう

 

PS:写真はランニング中の1枚。森を抜けるイメージが次のステージに行くイメージと重なったので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です