毎日予約が埋まらないのはすべて自分が原因!?

6キロ歩いてきました。1時間から1時間半くらいかかったと思うのですが、その間いつものようにオーディオブックを聞いていました。歩いているのは、健康、体力強化のためなのと、見た目が大事なので体型維持のためのものです。

走ろうかとも思ったのですが、走ると頭が痛くなったので勉強の時間と割り切って歩きました。この時間は気付きの時間でもあるので、歩きながら自分の価値、つまりコアバリューが思いついたのでそれをメモしました。

さらにメモって気付いたことがあります。それは、整体という仕事は僕のライフワークということです。整体という仕事がよく向いていないと思うことがあるのですが、それでも辞めずに続けているということは僕にとって必要なんですね。

ただ、ビジネスとして整体だけをやり続けることは僕の価値観にはありません。なぜかというと、患者さんに施術するということは、僕が直接施術できない時は収入が入ってこないということです。

逆に施術以の収入があれば施術をやらなくて支払いのことを気にせず自由に施術することができます。ということは、患者さんの施術に集中できるということなんですね。どうしても、収入が施術だけだと

患者さんが通わなくなる=収入が減る

という考えがどこかにあってブレやすいので。

病気や旅行などで休む時もゆっくりと休むことができますからね。

2年前インフルエンザにかかったことがあったのですが、ゆっくり休むこともできないんですね。売上が気になって。だからとインフルエンザを隠しながら施術することもできません。

同業者の先生で胸を張ってインフルエンザにかかっているのに施術をやり続けたという人がいますが、僕は患者さんに迷惑をかけることはできないので、しっかりと休みたいのです。収入が他にあって気にすることがなければゆっくりとインフルエンザを治すことができるわけです。

旅行で10日間ハワイに行った時に患者さんが減ることを考えたり、収入が減ることを気にする必要もなくなるのです。

なんで、他に収入源があるとセルフイメージが上がるというか余裕ができるのです。どんなライフスタイルをしても整体は続けられる。収入を気にせずに直接患者さんを喜ばせたてあげれられる。これがぼくの目指す価値です。

9年間も掛け持ちをしながら整体をやってきたことが、この価値観を生んでいるといっても言い過ぎではないと思います。毎日1日中予約が埋まっているのもいいかもしれませんが、これではぼくが幸せではない状態なんですね。

だから、予約がうまってくると自然と予約を減らすような意識になり、それが周波数として広がり、次の月に新規客がこなくなったり既存の患者さんがこなくなったりする。これが僕のパターンです。自分の意識が現実を創っているので原因はこれかな。と

だから、ビジネスを立ち上げて自分が現場で動かなくても価値を生みだすことを創っていくことがこれから僕には必要ということですね。これも計画を立てて何かの形で今年中には形にしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です