欲求

おはようございます。粕谷雄三です。

今、近所の喫茶店に来ました。

なんだか久しぶりです。

最近は日曜日を休みにしたことで喫茶店に行く回数が減っています。まあ別に喫茶店に行かなくて仕事はできるのですが、自宅で整体をしてると外に出ることがなくなります。忙しくなると特に。

昨日も1日中施術をしていたので、外出していない。外出しないと1日を無駄にした気になります。そんな時は予約が埋まってても外に気持ちが病んできます。喫茶店に行くことは息抜きができるので僕にとっては体にいいのです。

 

さて、では「ただ、治したいだけ・・・」

僕のコアな価値観には「治したい」欲求があります。アルバイトを9年間続けながら治療を続けてきたのも「治したい」という欲求があったから。『「肉体労働 + 肉体労働」なんて、なかなか続けられないですよ。そんな生活をしてでも治したいのですね・・・』とセルフイメージ先生に言われるほどの欲求です。何度整体院を閉めようかと思いながらも続けられたのは自分の中にあるコアな価値観があったから。続ける選択肢以外はなかったんですね。

「ただ治したい」。これは相当コアな欲求。

1ヶ月間通ってくれたのに変化が全くない時はめちゃくちゃ自分の能力の低さを責めます。逆に改善した時はうれしくて魂が震えて涙ぐむことも。感情が動くのは、そこに治したいという欲求があるから。だから、僕は施術を続けるのです。

整体スキルを磨き続けるということは、価値観に合うことなので続けることができます。治すためなら整体以外の方法も取り入れる。自分の価値観を知らないとその選択ができない。

価値観に気づいてない時は、カフェを開業しようとしたり、セールスライターになろうとしたりしていましたから。でも、それが実現しなかったのはそこに価値観がないからです。

カフェの開業。セールスライティング、整体など、これはすべて方法。

価値観が分かれば方法なんてなんでもいいのです。整体スキルでも、ライティングスキルでも何でも治せるなら僕はなんだっていいのです。

たまたま価値観に合う方法が整体スキルなだけ。今は治すために哲学まで勉強してるくらいですから。

方法を求めても意味がないのです。

まずは、価値観を知ること。それからがすべてのスタートのような気がします。

ーかすやゆうぞう

PS:写真は日曜日の時のもの。家族と過ごす休日、これも価値観ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です