次男の再挑戦で気づいたこと

次男への誕生日のプレゼントということで

美浜サーキットでキッズバイクに乗ってきた。

 

誕生日プレゼントといっても

次男は5月が誕生日。

 

このキッズバイクに乗れる日が

8月までなかったので少し遅いプレゼントになった。

 

去年も8月に美浜サーキットで

初めてキッズバイクを体験。

 

その時は20分で力尽きたけど

今回は1時間楽しそうに乗ることができた。

 

それだけで大きな進歩。

 

この1年バイクに乗ることはなかったが

体も大きくなっているし他の経験をしていたことが

1時間楽しめた理由なのかなと。

 

特に自転車はかなりの回数乗ってて

こぐスピードは1年でかなり早くなった(笑)

 

これはバイクに乗って練習しなくても

身体が成長していけば上達するといういい例。

 

これは子供だけではなく大人にも言える。

 

例えば整体。

 

整体の勉強をしなくても施術中に気づきが得られて

改善できなかった痛みが改善できることがある。

 

 

実際に今まで解決できなかった痛みを

何度も解決することができた。

 

これはその間に

整体以外の面で多くの経験を積んだから。

 

経験を積んだことで

今までの整体の知識をネットワークできて

解決につながったのだと思う。

 

だから、もし、整体に集中できないなら

興味があることに集中すべき。

(もちろん、施術は続けることが前提)

 

なぜなら、楽しいことは自分を成長させるスピードが早い。

自分が成長できれば

例え整体の勉強をしていなくても

自然と解決できるように思考を持っていく気がする。

 

なので、今解決できないものがあるのなら

あえて整体から離れてみるのも一つの方法。

 

開業してからまともに整体のことを勉強し始めたのは

開業して10年過ぎたあたりから。

 

でも10年間整体スキルが上がらなかったわけではない。

経験値が増えて自分が成長すれば

自然とスキルが上がっていった。

 

これは捉われないことが良い方向にいく例。

 

今興味を持っているものが

今学ぶべきもの。

 

何でも学ぶ時期があるということかな。

 

ということで、目の前の興味があることに

集中して取り組むことにしよう。

 

ーかすやゆうぞう

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です