楽しいって何?

いつもより遅い

朝7時過ぎに起き日課。

 

そこから家族で買い物に出かけ

昼から自宅の庭でバーベキュー。

 

昼寝をしブログを書いたら

ちょうど夕ご飯の時間ですね。

 

そんなゆっくりとした1日を過ごしています。

 

何も目新しいことはありませんが

僕にとっては楽しい1日です。

 

でも休日だから楽しいわけではありません。

 

予約が埋まって施術ばかりしている1日も楽しいですし

旅行に行くのも楽しい。

 

基本的には何をやっても楽しい1日です。

 

ただ、楽しいからといって

毎日家族とゆっくり過ごすのは

死ぬ時に後悔する生き方だと思います。

 

他の人は知りませんが

僕はそれを望みません。

 

僕が求めている楽しさは

魂が震えるような生き方。

 

 

大きな視点で捉えると

僕にとっての楽しいは

自分を成長させることなのです。

 

学生の頃はサッカーに夢中になり

充実した楽しい時間を過ごしました。

 

誤解のないようにいうと

楽しいというのはチームメイトと

ダラダラ話したり練習をサボっていたことではありません。

 

歯を食いしばって

苦しさに耐えたこともあります。

怪我をして痛みがあったこともあります。

 

上手くいかなくて

何度やめようと思ったか分かりません。

 

でも、振り返ると

魂が震えるような場面がたくさんあって

楽しかったという思い出しかあります。

 

高校を卒業してからサッカーをやめ

ずっと物足りないと思っていました。

 

サーフィンをやってみたけど何か物足りない。

 

始めた頃は波に乗れないことが

物足りない原因かなと思っていたのですが

波に乗れるようになっても

その物足りなさは消えませんでした。

 

結局1年ほど続けてみても

ずっと物足りないまま。

 

これは違うなと。

 

違うならと方向を変えて

フットサルのチームを作りましたが

それも物足りない。

 

もちろん、チームもすぐに消滅。

 

専門学校に行っても

アルバイトをしても

友達と遊んでいても

表面的には楽しいのですが

魂が震えるような感覚があり

ずっと物足りないまま。

 

20代は物足りないままでしたね。

 

30代に入って表面的なものを求めるのではなく

自然と自分を成長させることにフォーカス。

 

今では20代の時に感じていた

物足りなさなはなくりました。

 

これは僕にとって楽しいとは

自分を成長させることなんですね。

 

毎日負荷をかけていくことで

周りからはよくやれるねと言われます。

 

なので、表面的には楽しく見えないのかもしれません。

 

でも、やりがいを感じているので

毎日が楽しいです。

 

このやりがいというのが

僕にとっての楽しさ。

 

一般的には今が楽しければいいと言うけれど

本当にそれが楽しいのか、疑問ですね。

 

サーフィンやフットサルをしていた時に感じた

何か物足りない状態を楽しいと言っているのではと

僕には見えます。

 

だから、僕は表面的な楽しさではなく

本質的な楽しさを追求して生きたいんですね。

 

そのために自分に負荷をかけ

腰が引くようなことに挑戦し

自分の成長させないといけないのです。

 

人それぞれ楽しいがあっていいと思いますが

人の本質として自分の成長を追求することが

自然なのではと思っています。

 

その点から言うと

楽をすることは楽しさと反対にありそうですね。

 

ーかすやゆうぞう

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です