月商100万円という数字!

月100万円の売上を目標にしている一人治療院は多い。

なぜ、多くの人がその金額を目標にするのかは分からないが、区切りのいい数字だからかな。まあ、実際にその金額を達成した人でどれだけの人が満足感を得られてるのか調べてみたいけどね。

セミナーとかで話しを聞いた限りでは目標金額を達成して満足している人を見たことがない。それどころか、150万円、200万と目標金額が上がっていく人の方が多い。ということは、その目標の売上を上げても満足できないということ。

目標金額を達成しても経費や税金が増えるだけで逆に自由に使えるお金が減るような気もするけどね。

月商100万円あれば自由になれる??

そう思っていた人が達成してみるとそれは幻想だということに気づく。「年収1000万円あっても全然足りないですよ。」と言われるのがオチ。結局売上を達成すれば次は150万円、200万円と数字が大きくなるだけだ。

そんな人の特徴は周りと比較すること。周りの売上が200万円ならそれを達成しないといけないと思ってしまう。

人と比較しも満たされることはない。

数字だけを追いかけてもキリがない。理由は人によって価値観が違うから。人によっては月商100万円も必要のない人だっている。昨日ミーティングをした生徒さんがまさにそうでオープンして思った以上に忙しい。ありがたいことだけど時間がない、とのこと。子供のお迎えに行けると思っていたけどそれすらできない。お昼ごはんも食べたり食べなかったり。予約が埋まるのはいいが、時間がないのが問題だと言っていた。

ほとんどの人が開業して予約が埋まったらいいと思うに違いない。だが生徒さんにとってそれは違う。休みが取れないくらい忙しいのは望んでいない。子育てと両立するために会社員を辞めて起業したのに子育てができない状態になるのは本末転倒。つまり価値観とズレているわけだ。

価値観に合わせるには、予約のいれ方や施術のやり方を変える必要がある。生徒さんは価値観の書き出しもやっていたので、それに沿った整体院の運営をするようにアドバイスした。ついクライアントさんの期待に応えて営業時間外の予約を取ったりしてたからね。その結果時間がないなんてことになってしまう。

生徒さんも、そこまでして売上を上げたいのかというと、答えはNO。

収入を増やすことだけを目的で開業したのではなく、子供との時間を確保しながら収入を得ることができるから生徒さんは会社を辞めて開業したのだ。

自分の価値観に沿った目標金額が5万円だったとしても、それがその人の価値観に沿っていればその人は成功者と呼べるんじゃないかと思う。数字だけで人と比較しても何も満たされない。

あなたは大丈夫?

ーかすやゆうぞう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です