暇という罠

昨日は、午前中の施術のあと

予約が入ってなかったので

本当なら計画通り日課をこなす時間。

 

しかし、何だかやる気がしない。

 

これは完全にやらない理由を探しているパターン。

 

まあ、こんな日は定期的にあるので

気にせずに行動計画通り実行しようと

自宅の仕事部屋に入る。

 

それでも気分が乗らない・・・

 

それなら家にいるのがいけないのかと

気分転換でスタバへ。

 

しかし、これが間違え。

 

スタバではフリーのWi-Fiを使わず

iPhoneのデザリングを使うのですが

昨日は何回やってもインターネットがつながらない。

 

iPhoneではやる気がしないので

結果、日課のリサーチができない。

 

でも、日課はこなさないといけないので

このあとの予定を前倒し。

 

ということで読書。

 

読書をし始めて5分

気づくと記憶が飛んでます。

居眠りですね。。。

 

あれ、何で寝てんだ、と思ったら

昨日は昼寝をしていなかったことに気付きました。

 

朝が早い分、午後の生産性をあげるためには昼寝は必須です。

 

眠気覚ましにコーヒーを飲んで

読書に集中、、、と思って読んだのですが

またしても居眠り。

 

あ〜、これは良くないなと、

1時間も経ってなかったのですが

スタバを出ました。

 

帰ったあと昼寝をしようと思いましたが

寝むれず、結局気分も上がることはありませんでした。

 

で、何でこんな状態になったのか?

 

それは今やっていることに

飽きてきたのかなと。

 

新しい刺激がなくなると

定期的に昨日のような発作に襲われ

ムダなことを考えてしまいます。

 

例えば、、、

「もし、あの時これを選択していたら・・・」

とか、現実にないことを考えます。

 

でも、昨日のような時って

そんなことを考えがち。

 

要は暇ということです。

 

なので、その解決策は簡単で

淡々と日課をこなして行動をやり続けることです。

 

昨日はそこまで気づかなかったので

とりあえず疲れているのかなと思って

早く寝ましたのがよかったのだと思いますが

 

今朝起きると、昨日と変わって

スッキリ感が出てこれに気付けました。

睡眠って必要だなと実感できましたね。

 

そんな1日でしたが、

今日は生徒さんを中心とした勉強会があります。

きっといい刺激をもらえるはずなので

これを機にガンガン行動して行きたいと思います。

 

やっぱり暇するよりも

忙しくしていた方が体によさそうです。

 

ーかすやゆうぞう

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です