施術効果が出ない理由。

「治せるものなら、治してみろ・・・」

とまでは言わないですが、こんな雰囲気が伝わってくるクライアントがいます。

「いやいや、自分の体の事でしょ、、、」と思いながら調整をするのですが、改善しないケースがほとんど。

で、何でかなと思っていたのですが、昨日の整体スクールのフォーローセミナーで生徒さんに教えてもらいました。

フォーローセミナーでは、「周波数をクライアントに合わせるだけで余分な硬さや痛みが取れますよ」と伝えたあとに生徒さん同士で練習してもらいました。一人が施術者、もう一人がクライアント役ですね。

1回目に周波数を合わせてチェックをしてもらうと、硬さに変化はありませんでした。

「いきなりできるものじゃないよね、、、」と思いましたが、実はこれは違っていました。

硬さをチェックして変化がないのを確認すると、クライアント役の生徒さんが「周波数が合わないようにブロックしてみた」と、面白いことを言い出しました。じゃあ、今度はブロックを解除してチェック。すると動きの硬さが取れて動きが良くなりました。

いきなりできる生徒さんのセンスの良さに驚きながらも、これが改善しないクライアントの原因なのかもしれないな、と思いました。

じゃあ、それを解決するにはブロックするクライアントの周波数に合わればいいと思い、そこで再度テストしてみました。

今度は僕が施術者になってクライアント役の生徒さんにブロックしてもらい検査。しかし、その周波数に合わせても硬さは変わりませんでした。合わせ方が上手くいかなかったのかもしれないと2、3回挑戦してみましたが変化はありませんでした。

これは僕の力不足なのか、ブロックされたらどうしようもないのか、これは分かりませんが拒否された時点で効果が出にくくなることだけは確認できました。クライアントさんに良くなってもらうには、まずそのブロックを外してもらうことが大事ですね。

ということは、初回カウンセリングがとても重要だということです。ここでクライアントとの信頼関係を作ることができれば、効果が出しやすくなるので。もし、施術効果が安定しないのなら初回のカウンセリングが問題かもしれませんね。

どうしたら、クライアントに寄り添えるか、ここを考えれば信頼関係はよくなると思いますが、あなたはどう思いますか?

ーかすやゆうぞう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です