新幹線で自分の指定席に誰かが座っていた時、あなたは何を思いますか?

From:粕谷雄三
大阪本町のスタバより、、、

今まで受けてきた自律神経整体協会の認定試験があるために、大阪に来ています。正直この認定会員とかどうでもいいので受けようかどうか迷ったのですが、認定会員しか受けられないというセミナーが今後開かれるのでそこに魅力を感じて受けることにしました。受かるかどうかは分かりませんが、やるだけのことはやってみます。

さて、名古屋から新幹線に乗った時にアクシデントがありました。乗車チケットに書いてある指定席に座ろうと思ったらすでにその席に座っている人がいました。チケットを何度も確認しましたが、席は間違いなさそう。その席には30歳くらいの日に焼けた男前な白人が座っていました。

日本語で確認できるか心配だったのですが、確認するために話しかけてみるとペラペラの日本語で返事がもらえたので少しホッとしました。チケットを見せてもらうと確かに席番号はその席でした。まあ、こんなこともあるよねと、隣の席が空いていたのでその隣に座ることにしました。その白人の男性は自己紹介をしながら握手を求められたので僕も名前を言いながら握手しました。

せっかくの機会だったで、相手も日本語がペラペラだったのでせっかくの機会ということで話しかけてみました。思った以上に人懐っこい笑顔で話をしてくれました。話を聞くとセブはボディービルの大会に参加するため広島に向かっているとのこと。東京、と大阪(だったかな)の全日本の大会で優勝して今回は広島での大会にでて優勝を狙うということでした。

これは面白そうな人と縁があったな、と思いながらいろいろな話を聞いてみました。何の世界でも同じですが1番と2番では天と地の差がありまからね。

なぜなら、日本で1番高い山はと言われたら富士山と答えられますが、2番目に高い山は?と聞かれても普通は答えられませんよね。だから、どんな小さなコミュニティーでも1番という結果を出している人にとても興味が湧いてきます。結局、大阪までずっと話をしました。1時間くらいあっという間に過ぎていい時間を過ごせました。Facebookで友達にもなりましたしね。

今回とても新鮮でしたね。昔読んだ本で新幹線で隣になった人は縁があるから積極的に話ましょう!と書かれていたので、いつかは話してみたいと思っていたのもあり、話す機会ができたことが良かったですね。

 

 

なにが言いたいのかよく分かりませんが、ご縁があったのでブログに書いておきます。

ーかすや

P.S.
先月ちょうどこのスタバの正面の席に外国人と仲良さそうに話してい人を見て日本人以外の友達がいても楽しそうだなと思ったのを思い出しました。周りからみるとそんな風に見えたかもしれませんね。1ヶ月で思考が現実化する。これも面白いですね^^

P.P.S.
写真はスタバの外にフェラーリとか高級車が止まっていたのでなんとなく撮りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です