整体院経営に必要なもの

2015-03-29 07.37.10

おはようございます。粕谷雄三です。

今日は、マーケティングを手伝ってもらっているパートナーさん、セルフイメージ先生の二人と会うことになっているので名古屋にきました。この3人であるのはちょうど2ヶ月ぶりですね。前回、横浜で会った時は、セルフイメージ先生にガツンと気づきをもらい、自分の価値観に気付かされたので、今日はどんな内容になるのか楽しみです。

で、今は名鉄百貨店の1階にあるスタバでこのブログを更新しているのですが、ここに来る電車の中でこのブログを見返してみました。見返すまで気づかなかったのですが、誤字脱字がひどい・・・ですね。

このブログの目的は、とにかく「毎日更新してアウトプットのすること」なのですが、これからはちゃんと編集作業をしないとな、と反省しています、これから気をつけたいと思います^^;

さて、ぼくがアルバイトを辞めてから3年近く経つのですが、9年間もアルバイトをしていてたのになぜ急に売り上げを上げることができたのかな、と思ったのでこのブログ思い出してみたいと思います。

開業から9年間は何も考えずに整体院を経営していました。でも、あまりに売り上げが上がらないので、何でかな。という思いはずっとあったんですね。それで、予約がいっぱいの整体院と予約がガラガラの整体院、つまり自分の治療院では何が違うのかなと考えていました。違いは治療技術以外にもあるよな。と思っていたんですが、そこが分からなかったんですね。それに、治療技術以外の部分で秘密があるのかさえも自信がなかったんです。

でも、それを見つけたんですね。9年間もかかりましたが。それがマーケティングですね。マーケティングがあることを知ることができたのは僕にとってはラッキーでした。今ではそんな情報ばかりが目に付きますが・・・

そのマーケティングの方法をひとつひとつ試すことで売り上げが上がっていきました。今まで上手くいかなった経験が、そこで繋がっていったんですね。今までの経験は無駄じゃなかった、と。

でもそこから2年過ぎたときにマーケティングだけでは難しいなと思うようになりました。マーケティングを勉強しておかげで売り上げは上がりましたが、今度は患者さんを満足させていないことに気づいたんですね。今まで以上に来院する患者さんが増えたので今の治療技術では悩みを解決できないと思いました。

治療家にとっての必要なのは、マーケティングと治療技術の両方です。このどちらかが欠けたら治療院は経営できないと思います。それが分かったのでこれを一人でやるにはちょっと難しいなと思ってマーケティングの専門家に手伝ってもらうことにしました。

ということで、治療院の仕組みを一緒に作り変えているところです。自分の価値観と合う治療院にするためにね。

そろそろ時間なので、その話し合いに行って来ますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です