整体院経営に役立つ3つのポイント。

おはようございます。粕谷雄三です。

昨日は施術の1日でした。

ギックリ腰の方、疲れを取るために来る方、不眠症などの不定愁訴の方、慢性腰痛の方を施術。あとは、腰痛と肩、腰痛と膝、腰痛・・・・ほとんどの方に腰痛がありますね。

今までに腰痛の来院数を調べると7割が腰痛の方でした。なので、先月から腰痛専門と院のコンセプトを変えテストしてます。

ポスティング、オリコミ、フリーペーパーを腰痛専門に書き直しました。その結果、オリコミは8000枚で3件の反応。ポスティングは問い合わせが1件。フリーペーパーは発刊されたばかりなので反応はまだ0。期待していますがどうな結果になるでしょうか。

で、昨日の新規の方はとても参考になりました。

その方の話では、何回もポストにチラシが入ってたのは知っていたが、今回は新聞折込みだったので電話しようと思った、とのこと。なぜ、ポスティングではなく、新聞オリコミで反応したのかを聞くのを忘れましたが、ポスティングよりもオリコミの方が信頼性が高いのかなという印象でした。

同じ地区に配るのでも色々なメディアでアプローチすることで反応を得られるのかなと思います。

他に来た理由としては、「腰痛専門」だったから来た、という声も。

やはり専門性を出すことで反応を得られそうです。今までにも何度もその地域にはオリコミやポスティングをした地域なので、反応が出たことを考えると専門性を出した効果と言えるのではないでしょうか。まあ、まだ出した数が少ないのでこれからですが。

あとは2回目以降の料金5400円をチラシに書いたのですが、それも来院した理由だと言ってました。今回のチラシは今までよりも2回目の料金が安かったので、1回10800円は出せないけど5400円ならだせると言っていました。

昔なら、この話をされると10800円は提案しなかったのですが、今はそんなことを気にせず10800円と5400円の違いも説明。そして施術したあとに選んでもらうと、、、10800円で通うことに。施術を受けることで、料金だけの判断ではなくなり10800円出す価値を分かってくれたようです。

10800円は出せないという思い込みで5400円しか勧めなかったら間違いなく選ぶことはなかったですからね。これはその人の予算にもよりますが、ほとんどの場合自分のゴールが明確になると値段の高い方を選びます。だから、お金がないと言う人にも気にせずに提案することは大事です。

ちなみに、この2ヶ月間10800円と5400円の料金設定で試していますが、5400円で通う選択をした人は1人だけ。あとの方は10800円を選択し通っています。

実際に施術を受けると、安さでもはなく質を求めいるということですね。

まとめると、ポイントは3つ。

専門性を出す。

1つのメディアではなく複数のメディアに出す。

思い込みを外して提案をして料金を選択してもらう。

ですね。

ーかすやゆうぞう

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です