整体院の売上を上げるために必要なこと

新店舗でのクライアントを調整した時のこと。

そのクライアントの症状は脊柱管狭窄症。3年前に脊柱管の手術をした。手術後、一時期はよくなったが変わらず歩くと痛みとシビレが出て押し車がないと歩けない状態。自力で歩け最低でも家事ができるようになりたいというのが希望。

調整前の状態をチェック。立った状態をチェックすると、腰が伸びない。キネシオロジーの検査後、調整。もちろん、調整は触れるだけ。

調整の結果は、10→3に減少。

立った状態ではまっすぐと背筋が伸びた。姿勢が変わり痛みもかなりラクになった。これだけ変われば次回の予約を入れるかなと思ったら迷っている・・・

どうも触れるだけの施術に納得いかない様子。体はラクになったけど触っただけでやられた気がしない。これを例えるなら、コストコの試食だけで少しお腹が膨れて、もう昼食はこれだけにでいいよね、と言われるような感覚かもしれない?!(それは迷うよね^^;)

マッサージやストレッチ、ボキボキをしていたらスムーズに予約を取れたんじゃないかと思う 。だって腰を反ることがシンドくて背筋が伸びなかったのが、3分程度の調整後に姿勢がきれいに取、痛みレベルが「10→3」 になったんだからね。

予約を取る人と取らない人

現状、半分くらいの人が予約を取ってくれる。予約を取るのクライアントの共通点は「素直さ」。人を素直に信用できるかどうか?ここが自分のゴールに向かってチャンスをものにできる人の共通点。

理屈をこねる人が上手くいかないのはここかもしれないね。期待した結果がでたから予約を入れる。そんなシンプルな考えでいいと思うけどね。

これは、治療家や経営者としても言えること。

ネットを見れば売上を上げる情報が無料で手に入る。僕がお金を出して習ったもものですら、無料で手に入るからね。それなのに売上が上がらない理由は何だろうか?

これの答えはシンプルだ。

それは「行動しない・・・」ただそれだけ。

何かアドバイスしても「やれば集客できそうだね。でもなぁ、、、」というのがほとんどの人の反応。何でかとうと、行動する理由がないから。売上を上げたいと思っていても今生活できているから売上を上げるために行動する理由が見つからない。

逆に行動できる人は、行動する理由がある。なぜかというとゴールを設定できているから。理由がないのに行動することほど難しいことはない。

だから、価値観を書き出して、その価値観にあったゴールを設定することが大事になってくる。もし、あなたが自分の選択する人生を選びたいのなら価値観の書き出しとゴール設定はやっておいたほうがいいね。

ーかすやゆうぞう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です